ページトップへ

社長ダイアリー

換気と住み心地

換気とは室内空気の良し悪しですが「住み心地」とは?

住み心地については工務店主自らが長い期間「住み心地」を"追求"してこなかったならば

その良し悪しを語れません。

自然通気やシックイ・珪藻土・エコカラットなどの自然素材に囲まれた住み心地と

換気による住み心地の違いは、生活しつつ比較しなければわかりません。

「涼温な家」は二重通気工法ソーラーサーキット⇒から「換気の家」へと進化した。

当時二重通気は画期的に思えたのだが「涼温な家」を知ってしまうと住み心地が明らかに違う‥

衝撃的に違う…それは換気能力の差と言えるのものだが

自然通気工法と言えば

20数年前NHK「クローズアップ現代」に石井氏が出演し二重通気工法の解説していた。

石井氏は自然通気を知り尽くし換気とシロアリの権威者でもある。そして20年後の結論は‥

二重通気やトリプル通気までさまざまな自然通気を試みた

自然通気工法は僅かな効果はあるものの、期待できるほどのものではなかった。

欲しいのは「換気」だった。 換気が生活を快適にするために

いかに重要であるかという問題はこれから明らかになる。

「換気」が健康維持・健康増進の象徴として見られる日が必ず来ます。以上

 自然素材や自然通気のファジーさに期待したい気持ちも解る。

しかし「住み心地」の良し悪しは換気に勝るものなし。換気性能=上質な住み心地と言える。

換気を追求すれば「住み心地」の良し悪しが解ります。

以下、久保田紀子著 さらに「いい家」を求めて。より抜粋

住む人の幸せを心から願うのであれば、

「正直を工法」以外に採るべき方法はない、

となれば「換気」と真正面から取り組むことだ。

死ぬ三日前まで自分の力でトイレに行ける家を造ろう。以上

換気と真正面から取り組む‥この意味は経験しなければ解らないでしょうね

なぜか、それは換気メーカーのカタログが、これゴマカシではないの‥と思えるほど

設置してからの性能が宜しくない、換気風量が弱くほとんど期待外れだった…

メーカーの換気はカタログ通りの性能がでません。20年で数台の換気を比較してきた我が換気体験はココクリック。

メーカーの換気システムと涼温換気を比較してみて、これほど違うとは…

衝撃的だった。 換気風量が適当でいいならば住宅価格は大幅に下がります。

※ここ重要なので詳細はまた後日

「換気」とは空調用語なので換気と通風の違いを知らない人が多いかもしれません

そこで換気の家を解りやすく説明しようとすると「空気清浄機の家」とでもいうか…

大きな空気清浄機が各部屋に付いていて

空気清浄機にはできなかった室内の汚染空気を新鮮な外気と交換する家。

そのほうがなんとなく解りやすいかもしれません?

換気性能の良し悪しを新築前に知るには

住んでいる人の率直な感想を妥協せずにお聞きすることです。

生活臭が早く消えるか否か、臭いは換気のバロメーターになります。

只今建築中の「H」様は奥様が涼温な家にお住まいの「w」様とお知り合いでした。

間取り重視やデザイン重視で大失敗しないように‥

住み心地をトコトン追求してみることです。

2度目、3度目の家造りでもデザイン優先で大失敗する人が後をたちません。

上質な住み心地は単なる冷暖房ではなく涼温涼房「高級ホテルのような‥」と表現される。

 

 【関連記事】

住宅「資産価値」の真実

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全110ページ中)