ページトップへ

社長ダイアリー

「体感ハウス」は窓を開けない暮らし

窓を開けることに抵抗を感じる‥!

こういう暮らし方はまだまだ少数かもしれません。

「涼温な家」にお住いのお客様は「窓を開けなくなった‥」とか

せっかく造ったバルコニーなのに、一度も使用していない‥などの声が多い。

窓を開けると、花粉、黄砂、排ガス、その他何らかの汚染空気が容赦なく入ってくる‥

せっかくのキレイな空気が汚れてしまう…そんな気分になり、すぐに窓を閉めてしまう。

窓を開けない方が快適で気分爽快!こんな暮らしになるとは

昔はとても考えられなかった。

5月末になっても、外出するとクシャミがでる。杉花粉のような目の痒みいはないが、

アレルギー症状のある何か?が舞っていることは確か‥!

 

以下「涼温な家」より抜粋

機械換気がしっかり行われる家では、

特需になっている空気清浄機、部屋干し用の洗剤

空間用消臭スプレー、洗濯物ガードも不要である。

このような季節はもちろんのこと

梅雨時ですら洗濯物は室内干しができる。

「これからは窓を開けないで快適に健康的に暮らせる家」を建てるべきである。

涼温な家は、窓を開けるよりも、

窓を閉めておいたほうがはるかに快適で、健康的に暮らせる。

「窓を開けずに気分爽快!」 以上

 窓を開けない暮らし

アメリカの建売り住宅は20年前からそうでしたね‥

窓の開けないfix窓と大きな空調装置が屋根裏に置かれていた

窓を開けない暮らしなど日本では考えられない、あり得ないと思った‥

!それが

いま「涼温な家」に住み、窓を開けない家に住んでいる。

★弊社は窓を開けないで快適に暮らすため、断熱の高気密にトコトン手間を掛ける。

建築中のS様の気密性能は驚異的な「0.02㎠/㎡」 一般的には0.5㎠/㎡が目標とされる。

まさかとは思うが‥そんなに高気密住宅にして停電したら空気が悪くならないの

建物は適当な隙間があったほうがいいのでは?

そう思う人がいるかもしれませんね、そのときは居室の窓を少~し開ければ済む。

快適な暖房実現の要でありながら、いまだに理解されない「気密」

 以下は前真之著 「エコハウスのウソ」より抜粋

快適な暖房実現の「要」でありながら、いまだに理解されない「気密」

暖房するほどに寒くなる。暖かい空気は「力持ち」

なにしろ熱気球は、温めた空気だけで空を飛ぶ。暖かい空気の軽さには

バカにできない浮力があるのだ。

気球のエンベローブ(球皮)は完全な気密がとれているから、暖かい空気は漏れない

しかし気密性のない住宅は、さながら大きな穴の開いた気球」

せっかく暖まった空気は建物上部の屋根や壁から我先に逃げてしまう。

なお悪いことにには、上から逃げた空気の埋め合わせのために、

屋外の冷たい=重い空気が下から容赦なく侵入してくる。

つまり、暖房するほどに居住域が「寒くなってしまう」のだ。

以下「涼温な家」では

『気密を疎かにして造られた家では、

冬の暖房時には暖まった空気は膨張し圧力が高まるので

上部の隙間どんどん出ていき、その分、下部にある冷たい空気が吸い込まれ、

自然換気の量(回数)が増えすぎて熱損失が大きくなります。

したがって風を伴った強力な暖房が必要となり温房の実現はとても不可能です

 夏には、

「隙間」からの止めどもない高温多湿な外気に対して冷房力を強めることになりますから

「涼房」は得られません。

また、機械換気は高気密でないと、計画的・計量的に働かせることがこれまた不可能なので

気持ちよい空気が得られないのです。』

以上

 

チャット機能についてはこちらから☆

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全109ページ中)