ページトップへ

社長ダイアリー

「涼温な家」の暮らしはエアコン一台で全館空調

エアコン一台のスイッチで全室の温度管理ができて、各部屋の温度差がなくなると

日々のストレスは確実に減りますね‥昨年11月に龍ケ崎体感ハウス(Ⅱ)が完成し

体感ハウス(Ⅰ)と(Ⅱ)との住み心地比較ができるようになった。

今の季節のように蒸し暑い日はマイルドな冷房感を比較することができる。

「涼温な家」は単なる冷房ではなくエアコンの風と嫌味な冷たさを感じない「涼房

エアコンの風と換気の風が混合し冷房から涼房にする「空気の箱」を

チャンバーBOXという。チャンバーBOXとは700×600×300」の空気の箱

この箱で双方の風が混合し大きな風量になってセンターダクトに送られます。

その大風量が太いセンターダクトから吹き出すと‥不思議にも風を感じません。

50㎝も離れたら「風」を感じない。

もしもダクトが細かったならエアコンの風を感じ、風切音もうるさく、

エアコンからの冷風は体調悪化の原因にもなる。これからは冷房のを問う時代

 

機械室の架台は換気システム本体とエアコン本体、チャンバーBOXがセット。

大きな風量の持つ重要な意味‥とは?

キレイな空気の最大のポイントは汚染空気を混合させない大きな風量

全館空調や一般的な換気システムの弱点「臭いの混合」といって、

他の部屋の臭いが混じること

臭いの混合を防止する「混合防止原則」とは大きな風量を確保できるか否かなのです

★新鮮で清浄な混合空気の大きな風量、温度湿度とその量は血液と同じ意味を持つ。

ベンチュリ―効果(霧吹きの原理)で下部の換気風量が引っ張られ、

涼温換気の熱交換率はなんと90%を超える。

 

蒸し暑い日には2棟の「涼温な家」のマイルドな冷房感を比較してください

 体感ハウスⅡは窓対策を基本設計から変えてみた。

結果、冬の温度設定は21℃室温23℃。

涼温な家に限りませんが省エネ住宅は「窓対策」で省エネ性に差がでます。

 

 

 

 

《SNSもよろしくお願い致します》                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

LINE@を登録すると、見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などを無料でお届けします♪LINEからご質問・お申込みもカンタン♪

 友だち追加 

  

 

記事一覧 | 住み心地の保証

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /

1ページ (全5ページ中)