ページトップへ

社長ダイアリー

先日お見えになったお客様は、外からでも「建物性能」が解るんですか?

建物性能は見た目ではわかりません。

いま建物の良し悪しは見た目では全く判断ができません。

だが、建築中の現場を見ればよく解る。価格まで想像できます。

とくに外壁を張る前‥外壁の「下地」をみると建物性能がよく解る。

弊社周辺の新築現場の外壁下地は写真のような建物が多い‥

95%かもしれません??

下の写真は養生シートがなく施工中の現場がよく見えたので撮らせてもらった。

外壁の下地が断熱材ではなく透湿防水シートですね、断熱材は薄いシートの下

断熱材を壁のなかに押し込む断熱方法と透湿防水シート

これは弊社が25年前に手掛けていた施工と変わらない‥25年前と同じ施工。

適当な隙間と透湿性のある防水シートに壁内の湿気排出を託すやりかたです。

当時は適当な隙間が幸いし内部結露による被害は少なかった。

充填断熱のメリットは外断熱と比べ価格が大巾に安く、工期も短い‥

着工から3か月で完成します。メリットは価格が安いことです。

周囲の建築現場で安普請の家が増えつつあるのは

建築基準法から気密の目標値C値が削除されたことによるものでしょうね。

しかし薄いシートは魔法のシートではありません「家が腐る」日本経済新聞の警告

http://www.yoshiken-home.com/co_mame/BAS20160204080428-675.htmlは

2018年8月号では

 透湿防水シートによる瑕疵が静かに進行

構造内部の結露対策

構造内部はどこかに湿気が籠って抜けないところがある。

弊社は25年間外断熱」でしか施工しておりません。

なので薄い透湿防水シートに防水や透湿を託すこともありません

一部、外断熱の上部に使用することがありますが、施工中の防水用として使用するだけ‥

シートの隙間(赤丸)からは壁内に「湿気黄砂や花粉も侵入する。

防湿気密層(ベーパーバリア)を全く考慮せず、その意識がないかもしれません?

構造内の腐食の対策なしと同じです。腐る家が量産‥!とは、少々キツイ表現ですが

長期的にはその危険が大きいと思う‥

長期優良住宅の敵は「湿気」による構造内木部の生物劣化(カビ菌)

下の写真は「日経ホームビルダー」より

室内側からでも防湿気密層をやろうと思えばできます。ところが

フィルムによる防湿層は全く非現実で‥どこもやれない、やっていない施工マニアルで

フィルムによる防湿層の施工マニアル講習を受けた大工さんたちは、

そんなのできっこない、

そんな手間もらってないよ‥だった。

フィルムによるベーパーバリアは非現実的で不可能だといって良い‥!

熱で透湿防水シートが劣化

ここを普通の人は気付きません。断熱方法の善し悪しを知らず、

防湿層(ベーパーバリア)を知らず、フィルムの耐久性と施工を知りません。

もしマニアル通りに施工ができしたとしても、電気配線を✕に切ってブスつと指す。これが現実です。

その欠陥に一生涯、気付かないかもしれません。気付いたときは手遅れ、とならないように

外断熱と充填断熱のどちらを選択すればいいか?‥素人でも誰でも理屈抜きで解るハズ。

壁内はスカスカにして確実に湿気を排出すること。壁内と天井裏は換気回数0.3回/h設定

下の写真のように窓廻りの黒い気密テープをみても、施工性と付着力と

気密の耐久性は比較にならない。

外断熱の表面はテープの付着力を高めるため表面が特殊加工されている。

(外断熱材でも低価格のものは表面加工されていないので注意!)

過去一度も咲いたことがないバラが、

バラ担当者、箕浦さんのおかげで見事に咲いた。

  

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

 

記事一覧 | 涼温換気・センターダクト換気

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全30ページ中)