ページトップへ

スタブログ

早くも2月になりました。

もうすぐ節分ですね。

私がまだ子供だった頃には、家族で恵方巻のお寿司をつくったり、豆まきをしてとても楽しかったです。

その頃の家はとても寒くて、4枚くらい重ね着したうえに分厚いタイツや靴下が必需品でした。暖房も、石油ストーブやガスストーブを使っていたので窓にびっしり露がついていました。

あれから○○年たって涼温な家に住むようになって、住宅の性能の進化に驚いています。 

スイッチひとつでリビングや各部屋はもちろん、玄関・トイレ・浴室まで、ほとんど温度差が無く快適に生活できます。

薄着ですごせるし、お布団も軽い羽毛布団1枚で十分なので、肩こり症の私には嬉しいです。

温度の調節はメインスイッチパネルで操作します。

 

1階と2階の温度差が気になる場合は、各部屋の給気口の大きさを広げたり絞ったりして調節できます。

給気口の蓋を外すと、指で左右に開けしめ出来る引き戸があります。

左は扉を狭くした様子、右は全開にした様子。

    

冬はどうしても暖かい空気が上へ行ってしまうので、2階の温度が高くなります。

そういう時には1階の給気口を大きく開け、2階の給気口を狭くすることで温度調節してください。

夏は反対に、2階の給気口を全開にして1階を閉じるとよいです。

家族に寒がりや暑がりの人が居る場合も、各部屋の給気口の大きさを変えることで微調整が出来ますね。

 

私が、今回の改装で特に良かったと感じているのは、

①センターダクトから一番遠い1階のダイニングルームの床にも給気口を設けたこと。

  

床の給気口にはゴミが落ちないようフィルターをつけてあります。

  

②キッチンの足元と、トイレに給気口をつくったこと。

 

住み心地の良さというのは、快適な空気感をつくることが一番満足度が高いです。

設備やインテリアなどを選ぶよりも、構造や換気の方法を考えることが重要だと思います。

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

 

記事一覧 | 箕浦久美子

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /
  • 7 /

2ページ (全13ページ中)