ページトップへ

スタブログ

約12年前に新築した我が家は24時間換気システムです。

吉建ホームに入社してから知った事ですが、我が家の換気システムは第3種換気システムというものでした。

お恥ずかしい話ですが、当時は第一種・第二種どころか換気システムにどんな種類があるのかすら全く考えたこともなく、単純に24時間換気システムと言えば家中の空気が24時間新しい空気に入れ替わる!・・・ただそれだけの知識でした。

ネットで調べてみると…

第3種換気システムは、「給気」は室内の給気口から自然に給気し、「排気」は機械で強制的に行います。室内の空気をファンを使って強制的に排出し、その差圧で給気口から外の空気を取り込むことになります。

マンションの多くがこの方式を採用しており、第1種換気と比べてシンプルな構造の為、安価で使い易いとされています。

ただ、外気をそのまま取り込むので、冷暖房のロスが大きく、夏は暑くて冬は寒いと言われる事が多いです。

我が家は戸建てですが、第一種換気と比べてシンプルな構造の為、安価で使い易いの部分にはなるほどと思ってしまいますね。

住み始めて6年目を過ぎた頃からでしょうか、私は原因不明の咳に悩まされるようになりました。

あまりに続くのでひょっとして喘息!?などと思ったり、まさか肺がん!?などと、常に不安で何度か病院に行って検査もしてもらいましたが、特にこれといった原因は見つからず・・・

咳以外は熱などの風邪の症状は全くなく、とにかく常に喉がイガイガしているような感じです。

      

当時は専業主婦で、私が一番家に居ることが多い時期でした。 

その後働き始めて、家に居る時間が短くなった途端、不思議なことにいつの間にかあの何年も悩まされていた原因不明の咳が徐々に減ってきました。

同時に、外気が直接だと冷暖房ロスがあるのかな、こんな目の粗い単純なフィルターでは強風の時は砂埃も入って来るだろうな…など、少しづつ我が家の換気システムに疑問を抱くようになり、給気口の部分を3/1くらいに閉じて時々換気システムをオフにするようになった頃です。

そして、吉建ホームで働き始めた頃には不思議なほど全く咳が出なくなっていました! 

ということは、我が家の空気に問題があったのでしょうか!?( ゚Д゚)

考えたくないですが、そういうことになりますよね。(>_<)

我が家は都心でもないし、幹線道路沿いな訳でも無いので、仮に給気口のフィルターが単純で外気が直接室内に入って来たとしても、特に問題は無いかな?なんて思っていましたが、近ごろの大気汚染は田舎も都会も同じなんですね。

         

【関連記事】

田舎の空気はきれい?

○空気の汚れが健康に大きな影響

結局は、未だに何が咳の原因だったのかはハッキリとはしませんが、吉建ホームで働き始めて家に居る時間が少なくなり、長年続いていた咳が全く出なくなったのは確かです。何年も悩まされた咳から解放されたのはホントに幸せでした。

大袈裟かもしれませんが、このままの咳が続いたら将来的には大きな病気を発症していた可能性が高いですしそう思うと怖いです。

外出すれば、当然汚れた空気を吸い込んではいますが、だからこそ家の空気はとても重要。

ましてや、小さなお子様や高齢者ほど、家に居る時間が長いですし、影響を受けやすいのでとても危険です。

せっかく手に入れたお気に入りのマイホームが、家族の健康を害する家では絶対に有って欲しくないですよね。

 

これから建てられる方は、是非とも空気の質にこだわって安心安全で快適なマイホームを手に入れて下さい。

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全101ページ中)