ページトップへ

スタブログ

今は誰もが知るワードとなったPM2.5。

大気中に浮遊している直径2.5μm(1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1)以下の粒子です。

大きさが非常に小さいため、肺の奥深くなど下図の赤いで囲われた部分にまで入り込みやすく、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系疾患や循環器系疾患などのリスクを上昇させると考えられているそうです(>_<)

 

人の呼吸器と粒子の沈着領域(概念図) 

資料:別ウインドウで開きます環境省「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」

 

PM2.5は、例年3月から5月にかけて濃度が上昇する傾向がみられます。

環境省による「そらまめくん」という大気汚染物質広域監視システムがあるのですが、ご覧になられたことはあるでしょうか?様々な物質について全国各地の速報値が載っているので参考になります。

6月になり最近は数値が落ち着いてきているかなと思って見てみると・・・

資料:そらまめくん

ん?ちらほらと黄色マークも!?風向きや気候によって変動するものの、もう大気汚染は一年中の問題のようです。

 

私は自宅の洗濯物を、部屋干しではどうしても乾きが悪く天気が良ければ未だに外に干しています。

吉建ホームで働くようになってから、目に見えない空気の汚れのことがいつも頭によぎり不安に思いますね(>_<)

「涼温な家」にお住いのお客様は、無理して部屋干しにするのではなく、気持ちよく乾くからというポジティブな選択として部屋干しをされている方が沢山いらっしゃいます。

手間も省け清潔も保つなんて、一石二鳥!「涼温な家」は主婦の味方ですね(*^^*)

 

 

チャット機能についてはこちらから☆

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全105ページ中)