ページトップへ

スタブログ

「いい家」をつくる会推奨書籍シリーズの、久保田紀子著『さらに「いい家」を求めて』が3年半ぶりに新改訂されました。

この本は久保田さんの家づくりに関する自伝的内容も多く含まれます。

一主婦として全く知識のないところからスタートし、『「いい家」が欲しい。(松井修三著)』との出会い、そこから外断熱や換気の大切さを知り、住み心地の重要性を体感していく過程がリアルに読み取れます。

今回の改訂でより分かりやすく書き直されている部分も多く、以前読んでいただいた方も新鮮に読み返せるのではないかと思います。

以下、一部ですが引用させて頂きます。(P176)

これからの家づくりは、物理を究めることも大事だが、より以上に感性を大事にすることだ。省エネルギー・耐震・断熱性能など住宅性能評価はすべて数値で表す時代だけに、「いい家」にたどり着くには感受性が敏感な主婦の判断を大いに活用するといい。感性と想像力が乏しいと、頼るのは数値比較にならざるを得ない。

(中略)

家づくりには、IQ(知性)よりも、もっとEQ(感性)を大切にすることをお薦めしたい。ストレスは肉体よりも感情が満足できない状態の方がより辛いのだから。

立派なパンフレットや施工中の物件に下がった垂れ幕など、そこには誇らしげな性能数値や手がける棟数、業界トップなどの文字が並んでいるのを見かけます。

確かに家づくりの素人である私たちは、それを見て安心したい、信頼したいという願望があるのかもしれません。

けれど結局建てた後は、数値がどうであれ五感で住み心地を味わうことになります。

女性は論理的なことに苦手という一般論もありますが、肌で感じる・においで感じる、その感性は敏感だったりします。

それぞれのメーカーがどんな家を建てているのか説明を聞くことは大事だけれど、最終的には自分の身体に合った家なのかに尽きるのではないでしょうか。

だからこそ『涼温な家』は体感ハウスに来て頂くことが第一歩であり、一番大切にしていることです。『涼温な家』の空気感をどう感じるかは、押し付けではなくお客様自身に判断して頂きたいからです。

HPをご覧になり少しでも気になって下さっている方は、ぜひ体感ハウスに確かめに来てみて下さいね(*^^*)

 

 

チャット機能についてはこちらから☆

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

記事一覧 | 「家」コラム

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全38ページ中)