ページトップへ

スタブログ

  • 吉犬クン自己紹介
  • “涼温な家”と一般的な家の違いについて No.22

  • 2015/07/03(金) その他

各部屋のエアコンは部屋の雰囲気を損ないます

見慣れているので当たり前になっていますが

大きな箱の出っ張りって気になりませんか?

特に和室を真壁和風にして、あのエアコンの出っ張りがあったらと

とても気になり我が家は和風ビルトインエアコンを採用しました。

(2年間で3回程しかスイッチを入れていませんが・・・)

  

“涼温な家”はどの部屋にもコントロールされた温熱と綺麗な空気が

各部屋にいきわたります。しかもエアコンの姿は見えません

【社長コメント】

エアコンは隠すべからず

以下「エコハウスのウソ」より抜粋

エアコンを隠すと性能が大幅に低下する。

見た目にはスッキリであるが、これで「暖房」しようとすると、

空気は下に吹き出さず軽い空気が上に滞留するだけで、全く暖まらない。

暖房をきちんと行うには

「屋内機は飛び出さざるを得ない」のである。

和室のビルトインエアコンは性能が大幅に低下します。

以上

室外機にカバーをすべきではありません。故障の原因になる。

 

メーカーは売れるものなら何でも造ります。

どんなに優れたエアコンでも「冷気」は足元に漂い、膝から下を冷やします。

涼温換気はその冷気が足元に漂いません、

体感ハウスの女性スタッフに聞いてみると「そういえば足元が冷える感覚がない…」

エアコンの冷気は換気とドッキングするとマイルドな『涼温涼房』になる。

 【関連記事】

●エアコンの冷気を「涼温」にする空気の箱をチャンバーBOXという。

http://www.yoshiken-home.com/co_diary/41a4c5cda1065c1096434cbc.html

驚くほど?換気”に熱意のない有能な設計士

http://www.yoshiken-home.com/co_mame/bHJ20120429043519-529.html

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全105ページ中)