ページトップへ

設計のひとりごと

仕様・設備のこと

夏は「蓄冷・保冷」が大事です

先日、関東地方は梅雨が明けました

本格的な夏のシーズンを迎えましたね

今年は暑くなりそうです

今回は「涼温な家」にお住いのオーナー様も増えてきましたので、

改めて夏に注意して欲しいことをお話しします

 

夏は「蓄冷・保冷」を心がけて下さい

「涼温な家」の夏の住み心地を良くするには冷房をするしないにかかわらず、

窓の扱いに配慮していかに「蓄冷・保冷」をするかです

日差しや生活の排熱、その他の熱がすべてマイナスに作用し不快を増幅してしまいます

気が付かないうちに冬の蓄熱・保温状態になってしまうので注意が必要なのです

そうならないように、まずは家中の窓に気を配って下さい

お出掛けの時、子供部屋など日中使わない時などは直接日差しを室内に入れないように

カーテンなどを閉めて下さい

(弊社の体感ハウスはハニカムカーテンを使用しています)

西日もそうですが、東からの朝の日差しも強烈ですから防ぐ方法も考えなくてなりません

また、燐家の外壁からの照り返しも注意が必要です

 

日差しを直接室内に入れてしまうのは暖房機を入れっぱなしにしているのと同じです

窓の遮熱に気を配ることで「蓄冷・保冷」につながりますよ

ぜひ、家の窓をもう一度チェックして夏シーズンを快適にお過ごし下さい

 

今回のお話は「いい家」が欲しい。(著者:松井修三さん)にも書かれています

ご興味のある方はぜひ一度読んでみて下さいね

 

  

《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

 

仕様・設備のこと

topics