ページトップへ

設計のひとりごと

仕様・設備のこと

外皮性能グレードとHEAT20

断熱性能を評価するグレードとして最近よく目にするのが「HEAT20」

今回はこの「HEAT20」のお話をします

そもそも「HEAT20」とは何でしょう?

 

 

 

深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題

その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足しました

HEAT20はその略称であり、呼称です

HEAT20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、

断熱などの建築的対応技術に着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と

快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です

メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています

 

2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会 ホームページより 

「HEAT20」の意味と目的はご理解いただけましたか

 

さて、「HEAT20」では2つの外皮性能グレードが設定されています

(詳しくは下記の表をご確認ください)

各地域区分により断熱水準の数値が決まっていますね

弊社が建てている地域区分の多くが5地域です

断熱水準で「HEAT20の最終版」の数値では

 

HEAT20 G1グレード 5地域 外皮平均熱貫流率UA値:0.48W/㎡・K以下

HEAT20 G2グレード 5地域 外皮平均熱貫流率UA値:0.34W/㎡・K以下

となっています  

 

表の上段:外皮平均熱貫流率UA値(W/㎡・K) 下段:熱損失係数Q値(W/㎡・K)

 

上の表にはありませんが、

「ZEH」の断熱水準は 5地域 外皮平均熱貫流率UA値:0.60W/㎡・K以下

となっていますから「H25年基準」と「HEAT20 G1」グレードの間になりますね

 

下の資料は弊社で牛久市に施工した「涼温な家」です

 

外皮平均熱貫流率UA値が0.42W/㎡・Kで「HEAT20 G1」グレードとなっています

 

実際には間取りやサッシなどの開口寸法など条件が変わるので一概には言えませんが、

吉建ホームの標準的仕様で施工している「涼温な家」は平均すると

5地域 UA値:0.45W/㎡・K以下 程度

のような数値となっています

 

断熱性能と住み心地の両方が良い「涼温な家」は

「ZEH」の外皮平均熱貫流率UA値が0.60W/㎡・Kも楽々クリアしていますよ

 

  

 《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

LINE@はコチラへ

 

 

仕様・設備のこと

topics