ページトップへ

主婦の語る豆知識ライブラリー

主婦が語る簡単「家」知識

外断熱(外張り断熱)工法の重要性

おしゃれな人って足元を見ればわかります。機能的で履き心地が良く、個性的なこだわりをもっている。中身の充実感が健康的で魅力ある足元を演出しているのかなと思います。

さて、これを家におきかえるといかがでしょう。

足元である基礎と構造の段階を大切にし、丁寧に考え施工することが重要ですね。

基礎一体打ちはこちらから☆

TIP構法はこちらから☆

ただいま建築中の様子はこちらから☆

弊社ではこれまで『外断熱の重要性』を訴え続けてきました。

長期優良住宅でありながら足元である断熱材には基準がなく、施工においても軽視しがちの工事が多すぎるように思うからです。

この点に「妥協を許すわけにはいかない!」と警報を鳴らしているのが、弊社の社長です。

では、どうして外断熱にこだわるのでしょうか?

【内断熱(充填断熱)工法】 と 【外断熱(外張り断熱)工法】の違いを見てみましょう。

 

内断熱(充填断熱)工法

内断熱(充填断熱)工法とは、柱などの構造材の間にグラスウールなどの断熱材を充填する方法で、コストが安く施工が簡単なので、一般に広く用いられています。

  

しかし、デメリットとして結露が起こりやすいという点があり、窓だけではなく壁の中や床下にも及びます。断熱材のない部分(柱や接続金具)から熱が伝わり、伝わった熱は壁の中の結露の原因になってしまいます。

これをヒートブリッジ(熱橋)現象と言います。

グラスウールが家を腐らす   ―日経ホームビルダーより

また「高気密」という点からも

内断熱の場合、防湿・透湿シートで気密をとるようですが、シートの施工は耐久性が劣ります。電気工事等の穴の処理を疎かにされてしまうと、そこから空気が漏れる原因になります。

長期優良住宅には断熱材の気密基準がないので「気密がとれている筈だ」で【高気密・高断熱の家】と記載している場合もあるのです。

【換気】には【高気密】である事が重要はこちらから☆

 

 

外断熱(外張り断熱)工法

外断熱(外張り断熱)工法とは、柱などの構造材の外側を断熱材で包み込む方法です。

近年の高気密・高断熱への感心からか、施工する業者も増えてはきましたが、しっかりと施工できる業者はまだまだ多くありません。施工が安易ではなく、施工できる業者も少ない為、内断熱に比べ、コストは当然安くはありません。

弊社の外断熱工法は、基礎や屋根まで隙間なくしっかりと断熱材で包み込みます。こうする事で、高気密な空間を作ることが出来るのです。

 

 

弊社の外断熱工法を見てみましょう。

屋根や基礎まで隙間なくしっかりと断熱材で包み込み、気密テープで隙間なく処理します。断熱材はテープが接着しやすいように、表面が滑らかに特殊加工されています。

空気の漏れる原因になってしまう、電気工事等の穴も、気密テープでしっかりと処理します。

気密テープの接着力と経年劣化が大きなテーマで研究が続けられてきました。「高気密・高断熱」には、丁寧に手間を掛け仕上げる断熱材と気密テープが重要なのです。

弊社では建築中の中間検査で、施主様立ち合いのもと、気密測定監査士による気密測定検査が行われます。「気密がとれている筈だ」ではなく、実際に施主様にも数値でご確認いただきます。

 

こだわりを持って「外断熱工法」を貫いていくのは、床下から小屋裏まで、一年を通して空気環境を良好に保つためです。

気密を高めても、換気なくしては意味がありません。この換気システムの確立が他社ではなかなか出来ないことなのです。

簡単なことではありません。しかし、素晴らしい結果につながることです。

住む人の命と健康を支える家だからこそ、構造と基礎に十分にこだわり、優れた住み心地をご提供することが吉建ホームの家づくりの基本です。

 

これからの省エネ住宅「涼温な家」はこちらから☆

危険!高気密・高断熱住宅の薬剤使用のシロアリ対策はこちらから☆

薬剤を使わないシロアリ対策はこちらから☆

 

 (※宿泊体験お申込みも受付中!)

主婦が語る簡単「家」知識

topics