ページトップへ

社長が語る家づくり重要ポイント

断熱と気密

ベーパーバリア(防湿気密層)ご存じですか

ベーパーバリア(防湿気密層)を知らないで家を建てると大損することになります。

ベーパーバリアとは「防湿気密層」のことです。

湿気を壁内に侵入させないという最重要なテーマにもかかわらず

普通に暮らすの人はベーパーバリアに関心がなく、施工の実態を知ろうともしません…

なぜか知らない、聞かされない、知らされないとしたら‥!

ベーパーバリアとヒートブリッジ(熱橋)は先進国共通の課題でもある。

下は大手ハウスメーカーのイラスト

大手ハウスメーカーのイラスト

室内側から「湿気はベーパーバリアで遮断」緑丸…ホントにできると思いますか?

ゼッタイと言っていい、できませんね~

構造用合板は調湿性のある「木」だと思いますか?

万一入り込んだ湿気は構造用合板を通って外へ。

ホントに構造用合板が湿気を外へ排出すると思いますか‥?緑丸 排出しません

いま構造用合板は接着材で固められ湿気を通しにくいのです…

通さない‥と言っていいでしょう。

そのため昔の合板と違って雨に濡れても変形しなくなっている。

知り合いが構造用合板を水槽の一部に使用し自慢しているのを見たこともあるが

どのくらい長持ちしたかは解りません‥?

構造合板の裏は結露します‥(そういう事例をみている大工さんは多い)

※フイルムによるベーパーバリアの実情、実際の現場では

電気屋さんも設備屋さんも大工さんも0.2㎜ほどのフイルムによって

ベーパーバリアができるとは考えておりません。

もしも、それができたらビニールハウスになってしまう‥

大手ハウスメーカーもその事実を知りつつ、知らないふりをしているだけ‥だとしたら。

省エネ住宅の盲点はベーパーバリアで湿気侵入防止ができるというのに

本気で取り組もうとしないハウスメーカーと見て見ぬフリをして口を挟まない国の問題。

ベーパーバリアは外断熱化すれば施工が簡単で見事に解決します。

それでも高気密の技術は簡単ではない

ベーパーバリア(防湿気密層)ご存じですか

「フイルムを✕に切ってブスッと指す…」

この電気配管が今でも常識?だとしたら怖い話ですね…

「いい家」が欲しい。より抜粋 隙間をなくせ

防湿・気密層(ベーパーバリア)

家が腐ってしまうかどうかという非常に大事なことですから

現場に張り付いて徹底して隙間を防いでくれる責任感あふれた現場監督が必要になります。

大工さんがせっかく貼り終えても、すぐそのあとから

電気屋さんや水道屋さんや冷暖房屋さんが穴を開けてしまいますし

うっかりフイルムを引っかけてしまう場合もあるでしょう。

そのたびに、しつこく、厳しく、破ったフイルムを完璧にふさぐよう求めなければなりません。

最近、性能を自慢する広告が目立ち始めています。

良く見かけるのはQ値などですが、広告やカタログや営業マンが約束するのは、

注文を取るためであって

現場でそのとおりの性能を発揮するように工事が行われることを

保障するものではありません。

関連記事

なぜ?本格的な外断熱がやれないの‥大工さんの話  

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

断熱と気密

topics