ページトップへ

主婦の語る豆知識ライブラリー

主婦が語る簡単「家」知識

薬剤を使用しないシロアリ対策(物理防蟻)

シロアリ対策といえば、専門業者による薬剤散布をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

しかし薬剤を床下や柱に使うと、人体に重大な影響を及ぼす可能性があります。特にお年を召した方や子供たち、また体の小さなペットへの配慮が必要です。

しかも、薬剤の効力は約5年程度なので、期限が切れるごとに薬剤を使用することになります。

また、気密性の高い最近の住宅に使用する事は、大変危険だと言われています。

 

弊社では薬剤に頼らないシロアリ対策(物理防蟻)を採用しています。

1、基礎一体打ち

基礎のコンクリートを一体打ちにすることで打継をなくし、基礎の内側(床下)からのシロアリの侵入を防ぎます。

2、ミラポリカフォーム 

シロアリの侵食を防ぐノンケミカル製の断熱材。(基礎の外に使用)

3、MP工法

断熱材と断熱材の合わせ目に特殊加工をして、シロアリの侵入する隙間をなくす工法。

 

 

EBS工法(一体打ち)基礎とミラポリカフォームを使用

EBS工法(一体打ち)基礎とミラポリカフォームを使用

 

さらに、断熱材のつなぎ目は侵入経路になりやすいので、特殊な樹脂を注入。【ミラポリカMP工法】

断熱材のつなぎ目は侵入経路になりやすいので、特殊な樹脂を注入

シロアリは玄関タイルの下や配管の隙間からも侵入するので、特殊な樹脂でコーティング。

シロアリは玄関タイルの下や配管の隙間からも侵入するので、特殊な樹脂でコーティング

キレイな空気、快適な住み心地の為にもシロアリ薬剤は使わない。

その為にも『基礎一体打ち』が重要なのです。

 

ただいま建築中の様子はこちらから☆

基礎一体打ちはこちらから☆

TIP構法はこちらから☆

これからの省エネ住宅「涼温な家」はこちらから☆

危険!高気密・高断熱住宅の薬剤使用のシロアリ対策はこちらから☆

主婦が語る簡単「家」知識

topics