ページトップへ

設計のひとりごと

補助金・優遇制度・法律のこと

建材トップランナー制度

建材トップランナー制度はご存知ですか?
 
平成10年に家電や自動車などでスタートしている制度です
(経済産業省、資源エネルギー庁が製品の性能をさらに向上させるように目標値を設定し、その達成を求める制度)
 
自動車では新車の燃費向上が制度の開始以降約49%改善され、エアコンは消費電力が約30%改善されたそうです
 
建築業界では平成25年に「断熱材」、平成26年には「サッシと複合ガラス」が制度の対象となりました
 
今回は「断熱材」についてひとりごとです
 
建材トップランナー制度の対象となっている断熱材は
・押出法ポリスチレンフォーム断熱材
・グラスウール断熱材
・ロックウール断熱材
この3つとなり、
それぞれの断熱材は2022年度に目標値を設定しています
・押出法ポリスチレンフォーム断熱材
  現状の性能平均値 0.03432 W/(m・k) → 目標基準値 0.03232 W/(m・k)
・グラスウール断熱材
  現状の性能平均値 0.04407 W/(m・k) → 目標基準値 0.04156 W/(m・k)
・ロックウール断熱材
  現状の性能平均値 0.03800 W/(m・k) → 目標基準値 0.03781 W/(m・k)
熱伝導率を向上させて断熱性能がより優れた断熱材を市場に流通させようとしているところです
 
グラスウールやロックウールは一般的な木造住宅ではおなじみですが、
他社でよくアピールしている断熱材の名前がありませんね 
セルロースファイバー、ビーズ法ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォームなど
実は今現在、対象外の断熱材となっています
 
今後、対象製品として加わるかもしれませんが将来的に取り残される可能性もありますね
 
弊社が採用しているJSP製のミラフォームは「押出法ポリスチレンフォーム」
建材トップランナー制度の対象断熱材です
 
今でも断熱性能は自信を持ってオススメしていますが
2022年度にはもっと断熱性能が向上した「涼温な家」が期待できますよ
 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

補助金・優遇制度・法律のこと

topics