ページトップへ

設計のひとりごと

仕様・設備のこと

摂取食事量の20倍以上を消費するもの

人間が摂取食事量の20倍以上、摂取水分の10倍以上を1日で消費しているものって

何だと思いますか?

答えは・・・「空気」です

 

今回のひとりごとは「空気」のお話

 

 

人が必要とする必要酸素量は軽い仕事をする人で1時間に約500ℓ

1日仕事をする間にはおよそ4000ℓの空気を肺に送り込んでいます

重さにすると、最初に書いた通り摂取食事量の20倍以上、

摂取水分の10倍以上の空気を消費しているそうです

であれば出来るだけキレイな空気を吸いたいなあと思いますよね

 

ちなみに人は1時間におよそ15ℓから20ℓの二酸化炭素を吐き出しています

部屋の二酸化炭素の濃度は部屋の大きさ、換気量、人数により左右され、

部屋の二酸化炭素の濃度が1000ppmを超えると集中力や眠気など身体に影響がおよびます

体感ハウスには二酸化炭素の測定器が設置されていますが、

「涼温な家」に改装する前は社員が集まり会議をするとすぐにアラームが鳴り響いていました

そういえば「涼温な家」にしてからはアラームを聞いていない

 

家の外はどうしようもないですが、

毎日生活している家の中はせめてキレイな空気で過ごしたい

キレイな空気を常に部屋に送ってくれる「給気」と

部屋の汚れた空気を送り出してくれる「換気」

この2つがとても大切な理由も納得ですね

 

*イラストは「住宅と健康: 健康で機能的な建物のための基本知識」から

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

仕様・設備のこと

topics