ページトップへ

社長が語る家づくり重要ポイント

【社長が語る】家づくり重要ポイント

屋根が泣いている。断熱層の上部に通気層を設ける

断熱層上部に通気層がないと築6年で腐食する屋根

日経ホームビルダー 2017年6月号。

「断熱層の上部に通気層」この意味お解りでしょうか?

★断熱層上部の通気層。そして屋根断熱は屋根下地の『上』

イラストのように天井裏の断熱、屋根下地の『下部』ではありません。

屋根の9割超が劣化、築10年でブカブカ…?

充分な屋根断熱材と気密と通気層を確保しなければ屋根下地の腐朽は早い。

腐朽事例が築年数の浅い住宅で続々と見つかっている。

弊社では25年前から、オーバースペックでは‥?と指摘されつつも

全棟に屋根断熱と自然通気層を設けている。

しかし周囲の建築現場は、

多くのビルダーが屋根の「腐食対策なし‥!」そう見える。

ビルダーがその欠陥を知らないわけがなく、充分に承知しているハズ‥

弊社の屋根は断熱層と自然通気層を設けるので派風板(赤丸)が厚くなります。

家造りは知りつつ害をなすな‥ですが、

やはり「価格」ですかね。

屋根だけでなく壁の中も床下も結露対策=湿気の排出がなしでいいのなら、

大きく価格削減できます

なので国は短期不良住宅を密かに歓迎しているのでは‥?と囁かれる。 

断熱材上部の屋根タルキが自然通気気層

そうすれば結露防止だけでなく、屋根裏(天井裏)を隅々まで居室同様に利用できます。

私が築2年の屋根腐食を見たのはもう35年も昔。現場監督見習いの頃‥

屋根下地とはいとも簡単に腐食するものだな…!と驚いたものです。

住宅の品質とは見えないところ、隠れるところ、誰にも評価されなくても

誰も見ていなくても、どれだけ正直に徹するか否かなのです。

日経ホームビルダーでは屋根下地に湿気を溜めない知恵

2重垂木で湿気と熱を逃がす。

施工者が屋根の断熱層に不慣れであったり、隙間のある中途半端な断熱施工の結果は悲惨‥

小屋裏収納に結露水

今後急増するであろうと予測されている。

 写真は2018年3月日経BPメールより

▽結露の黒幕は不慣れな省エネ施工

建物の省エネ化が急速に進み、屋根断熱施工に不慣れな施工者が増えている。

▽LED照明が続々故障、犯人は結露。

構造内部の結露についてはまた後日‥

 【関連記事】

●10年後に屋根を開けると9割超が劣化‥

 

イベント予告ページはコチラへ

《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

LINE@はコチラへ

 

(※宿泊体験お申込みも受付中!)

 【 龍ヶ崎宿泊体感ハウス】 茨城県龍ヶ崎市白羽2-24-9  ☎0297-62-3634

 

【社長が語る】家づくり重要ポイント

topics