ページトップへ

社長が語る家づくり重要ポイント

基礎

床下を見れば造り手の良心が見える

床下がキレイだと「床下」にもぐる必要がなくなります
いつまでも床下が汚れず、キレイな床下はもぐる必要がなくなる。
床下を見れば造り手の良心が見える

床下に外気や湿気が侵入しなければ…いつまでもキレイ !
床下をいつまでもキレイに保つには、
打ち継ぎ部のない基礎で地盤からの湿気侵入を防ぎ、ポスト基礎で通気性を良くし、

居室と同じように機械換気で「通気・通風・排気」が行われなければなりません。

シロアリ薬剤は絶対に使用禁止です。

薬剤を使用しないノンケミカル『耐物理防蟻』で床下にシロアリを侵入させない。

いま白蟻は玄関タイルの下から入る、白蟻は玄関から入ります。(赤丸で遮断)

白蟻の侵入経路(日経ホームビルダーより)

ハウスメーカーのカタログで見た床下から空気が居室に送られる換気装置。

換気フィルターBOXの維持管理が適切に行われるか否か…フィルタ―の点検は?

吹き出す空気はいつまでもキレイな空気でなければなりません。


床下を見れば造り手の良心が見える

床下の点検口は「蓋」を開けるだけでも億劫な気分になるものです。

さらに「いい家」を求めて …より抜粋

造り手の良心の度合いなどは すべて床下を観察すれば分かるという。

家づくりが正直に行われたかどうかは、

床下をみることによって確かめることができます。

造り手を信頼できるか否かは、床下を観察するとよくわかるのです。

湿気対策とシロアリ対策が万全でないようでは失格です
 

基礎

topics