ページトップへ

社長が語る家づくり重要ポイント

【社長が語る】家づくり重要ポイント

涼温の家は屋根断熱と屋根上部の通気層にこだわる。

 屋根は壁以上に断熱と気密性と通気性が求められます。

 屋根断熱上部の通気層 80㎜断熱と30㍉の通気層 2018年9月宇都宮で建築中

屋根は壁以上に断熱と気密性能が求められます

断熱層の上部に通気層がなければ築2年でも腐食する。 

屋根の断熱層に不慣れであったり、隙間のある中途半端な断熱施工の結果は悲惨‥

屋根裏に流れる結露水『日経ホームビルダー―』より

千葉県「I 」様SA-SHEの家

吉建の建物は一見普通に見えても屋根に厚みがある。

高性能住宅にふさわしい外観

厚さ50~80ミリ断熱材を屋根上に乗せ、屋根通気層を設けるので破風板が厚い‥

派風板とは写真の赤丸印

屋根上の断熱と通気層は25年前から変わらぬ施工。

取手市О様宅は16年前のソーラーサーキット工法の家。屋根は50㎜の屋根断熱

SC工法の家は涼温換気システムを設置すれば「住み心地」がグ~ンとupします。

違う建物になったように見違えるほど良くなる。

埼玉県「K」様邸 屋根80㎜ダブル断熱平成14年6月完成『涼温な家』こちら内観写真

掘りごたつは手造りのテーブル 

体感ハウスと同じ米松材、少しずつアメ色に変化してきます。

 屋根80㎜ダブル断熱仕様

外壁は石調タイル

 

【関連記事】

温度・湿度を論じたければまずは断熱気密を徹底し

 全熱交換換気システムを検討すべきである。エコハウスのウソより

●10年後屋根を開けると9割超が劣化

●充分な屋根断熱材と気密と通気層を確保しなければ屋根下地の腐朽は早い。

 

 

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

【社長が語る】家づくり重要ポイント

topics