ページトップへ

社長が語る家づくり重要ポイント

きれいな空気と換気

高級ホテルのような家に住みたい‥②

体感ハウスは龍ヶ崎も水戸店も、

ソーラーサーキット工法⇒「涼温な家」にリフォームしている。

その住み心地を住みながら検証してみると、その違いは「驚くべき」で…

《冷暖気流のストレスを受けない「涼しさ・温かさ」

その空気の質感は驚くほど向上します。》

☆2016年末、″試住″できるNew「涼温な家」が完成。

センターダクト換気とエアコン(PAC)がドッキングすると

これほど快適になるとは想像できなかった。

高級ホテルのように気流を感じない大きな風量の魅力。。。

20年ほど前ですが「高級ホテルのような家に住みたい‥!」と話すお客様がおりました。

今ならそれが叶えられたのに‥残念に思う。

延床面積100坪の豪邸だった。(1998年龍ヶ崎市に完成)

これまで換気メーカーの「換気システム」にはさんざん裏切られてきた…

消費者はカタログを信じることしかできないのに‥にも関わらず。

その性能はゴマカシと言っていいほどのものだった。

換気メーカーは売れるものなら何でも造る‥という体質と、

戸建住宅の構造内部は狭い‥!

換気は建物構造内部(壁内と天井裏)の狭い空間がネックなのに、

建物と一体として開発してこなかった。

できなかったのです。

高級ホテルのようなとは?

快適な温熱と嫌な臭いがいつまでも充満しない爽やかな空気。

換気とエアコンを連結すると、風を感じずに6倍~8倍アップする大きな風量、

その部屋の臭いはその部屋から出す。

絶対的な換気風量のある暮らしは、介護の悩み、ペットの臭い

中高年男性の悩み「加齢臭」など、さまざまな臭いの悩みから解放されます。

龍ヶ崎体感ハウス、浴室換気扇の音が嫌いで試験的に洗面室側に付けた「窓」

龍ヶ崎体感ハウス、洗面室側に付けた浴室の「窓」

これから浴室の窓は洗面室側にも設けるべきです。??

換気扇を回す必要もなく、換気ダクトを通して声がお隣に漏れることもない

洗面室に湿気が籠もらず

部屋干しの乾きが良い暮らしは日々の生活が一変します。

浴室換気扇は閉じるに越したことはありません。

 家には絶対的な換気風量が必然である

【家には絶対的な換気風量が必然である】

 【関連記事】

●20年間キレイな空気を追求。換気システムの比較体験

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

きれいな空気と換気

topics