ページトップへ

吉建ホームの
「いい家」つくり

空気のきれいな家

空気のきれいな家

住宅の大敵、それは湿気

ひところ世間を騒がせたシックハウス症候群。ビニールクロスや集成材などに使われた有害化学物質が人間の体に悪影響を与え、様々な病気を引き起こすというものです。本来、人の健康を守るべき家が、逆に命を脅かすということで、大きな社会問題になりました。いまでは国の指導基準が定められ、安全な材料を使うことや換気をきちんと行うことが義務付けられています。しかしそれで本当に、家の中の空気はよくなったのでしょうか。

じつはもっと根本的な問題が日本の家にはあります。それは水。梅雨に加えて秋の長雨があり、夏には高温多湿となる日本では、雨水の浸入や結露、湿気などが住宅の大敵。それらは住宅の老朽化を早め、カビやダニを発生させて不快な空気を撒き散らします。カビやダニによって引き起こされるアトピー、アレルギー、喘息。これらは赤ちゃんやお年寄りなど弱いものをまず直撃するのです。

 

住宅の大敵、それは湿気

通気性と気密性、両方を兼ね備えた家

古来、日本の家づくりはこの湿気との戦いだったと言っても過言ではありません。その中で最も理に適った、匠たちの知恵の結集として受け継がれてきたのが、木造の軸組工法でした。この木造軸組という構造に「外断熱」という断熱法と、新換気装置(CS-HVS)により、空気の循環システムを施し、"住み心地"をさらに高めたのが、私たちのつくる注文住宅です。

この工法によって、梅雨時から夏にかけては通気性をよくし、冬は気密性を高めて暖かさを確保するという、矛盾する2つのことが可能になりました。家の中の風抜けとは別に、構造そのものの通気性がよいため、湿気によるカビやダニが発生しにくい健康住宅です。そのことは、現場で仕事をする多くの大工たちが、「この家は空気が良くて気持ちがいい」「自分の親もこんな家に住まわせてやりたい」と言っていることからもよくわかります。また、アトピーや喘息が出なくなったという嬉しい報告も、お客様からいただいています。

  通気性と気密性、両方を兼ね備えた家

 

VOICE
お客様の声/牛久市N様

 

お客様の声

「シックハウスにさよならしました」

新築の賃貸に住んでいた頃は、主人も私もシックハウス症候群だったんです。この家を建ててからは、症状が出なくなりました。家自体の空気環境がいいのはもちろんですし、吉建さんでは内装材にもものすごく気を遣っておられるので、それもあると思います。空気が気持ちがいいとね、すごく心がゆったりするんですよ。旅行から帰ってくるとお約束のセリフは「やっぱり我が家がいちばん!」。ありふれているけど、よく考えるとすごく幸せなことだなって思います。

パリのアパルトマンのような家

 

シックハウスにさよならしました


VOICE
大工 高橋信男

 

大工 高橋信男

「大工が自信をもって勧められる家です」

15歳で大工になってからずいぶんたくさんの家を建ててきました。入母屋の本格和風建築もやりましたが、これから建てるなら吉建の「いい家」だと思いますね。外の作業が終って中に入った時に、温度差が歴然としていますもん。冬場でも長袖シャツ1枚で仕事ができるなんて、大工になって初めてのことでしたからね

使っている材料も構造も、とにかく大工が自信をもって勧められる家です。私は見学会などにも積極的に参加して、大工の目から見たこの家のよさを説明するようにしています。現場の大工の声を聞きたいというお客様が多いものでね。最新の情報を伝えられるよう、勉強するのが大変だけど、これがやりがいにもなっているんです。