ページトップへ

ただいま建築中

  • 涼温換気SA-SHEの家
  • 全物件

千葉県 印西市 S様邸 No.234

印西市「S」様邸、ご夫婦の想いが叶う!快適性能『涼温な家』

1.2018年02月21日
外部給排水工事が始まっています
外部給排水工事が始まっています
足場を架ける前に外部給排水工事が始まっていますね。
基礎の貫通部分は特にシロアリや湿気の侵入が無いように
最新の注意を払い施工します。
この他にしっかりとMP工法で防蟻対策をしていきます。

★薬剤を使用しない物理的な防蟻対策は入念な作業が求められます。
基礎断熱材に硬化剤を注入する作業だけでも‥タップリ手間が掛かる!
断熱材に小さな穴を開けるさいに粉がでる、その穴の清掃だけでも丸一日。
硬化剤を注入するよりも倍の時間がかかる。


2.2018年02月13日
基礎の型枠を解体しました
基礎の型枠を解体しました
基礎の型枠を撤去しました。
基礎もポーチ部分などを除けば完成です。
雨が降ると基礎の中は水が溜まりますが心配ありません。
「いい基礎」とは雨の日は水が溜まります。
以前は水抜き穴を設けて水を抜いたものですが、
水抜き穴からは湿気やシロアリが侵入します。
基礎は防湿性がなければなりません。
床下浸水時でも床下に水が入らない基礎を「いい基礎」といいます。
だから、「ESB工法一体打ち基礎」にこだわります。
3.2018年02月07日
一体打ち基礎のコンクリートの打設が終わりました
一体打ち基礎のコンクリートの打設が終わりました
コンクリートの打設が無事に終わりました。
コンクリートの表面をコテでキレイに均してピカピカですね。
基礎の方はしばらく養生期間となります。
4.2018年02月07日
一体打ち基礎のコンクリート打設中
一体打ち基礎のコンクリート打設中
基礎の立ち上がりと底盤のコンクリートを同時に打設する事で、
つなぎ目を無くし湿気や水分、シロアリが基礎内部に侵入することを防ぎます。
そして強度も格段に上がるんですよ。

☆基礎「一体打ち基礎」とは基礎強度upのほかに
地盤からの湿気侵入とシロアリ侵入の防止。
床下を居室同様のキレイな空気にするには欠かせない家の『重要部』
打ち継ぎ部のない基礎は地下室やプールのように水も湿気も侵入させない
強固な「防湿基礎」となる。
基礎の「打ち継ぎ部」を無くせ…!基礎一体打ち工法とは‥コチラ
5.2018年02月07日
一体打ち基礎のコンクリート打設が始まりました
一体打ち基礎のコンクリート打設が始まりました
一体打ち基礎のコンクリート打設が始まりました。
職人さんが手際よく作業を進めています。
基礎の底盤部分と立ち上がり部分を一緒にコンクリートを流し混んでいきます。
6.2018年02月06日
基礎の型枠工事が終わりました
基礎の型枠工事が終わりました
基礎工事が順調に進んでいます。
型枠工事、基礎断熱材の取り付けが終わりました。
これで一体打ち基礎のコンクリート打設の準備が整いました。
7.2018年01月31日
基礎の接続金物を取付けています
基礎の接続金物を取付けています
基礎の接続金物を取付け中です。
アンカーボルト、ホールダウン金物など大切な部材です。
埋め込み深さや設置位置を確認しながらの作業です。
8.2018年01月30日
日本住宅保証機構JIO基礎配筋検査
日本住宅保証機構JIO基礎配筋検査
基礎の配筋検査を受けました。
鉄筋の太さ、配筋間隔、鉄筋のかぶり寸法、定着寸法などが、
基礎伏図どおり出来ているかを確認していきます。
確認が終われば、状況写真撮影をおこない、基礎配筋検査終了です。
検査の結果、合格を頂きました。
9.2018年01月30日
基礎貫通部の配管工事をおこなっています
基礎貫通部の配管工事をおこなっています
基礎貫通部分の配管工事が進んでいます。
給水用、排水用などそれぞれに合わせた専用の部材を使用します。
コンクリートを打設する前はやる事がたくさんありますね。
10.2018年01月25日
基礎立ち上がり部分の配筋
基礎立ち上がり部分の配筋
外周部分の立ち上がり部分の配筋です。
玄関ポーチ部分からみたところになります。
立ち上がり部分も井桁状に鉄筋が組んでありますね。
外周周りに金物が並んでいますがこれに型枠を固定します。
11.2018年01月25日
基礎底盤部分の配筋
基礎底盤部分の配筋
鉄筋の組み立て作業中です。
底盤部分の配筋を近くから見てみましょう。
鉄筋が井桁状に組んであり、等間隔に四角い石が置いてあります。
これは鉄筋の被り厚をきちんと取るためのスペーサーです。
立ち上がりの配筋はポストと呼ばれる部分となります。

ポスト基礎
床下の通気不足による湿気溜りをなくす工夫です。
弊社の家造りは徹底して床下の通気性を良くします。

☆スペーサー、キャラメルともいう四角な小さな石
基礎に詳しい基礎屋ほど「スペーサー」を重視します。
そのためスペーサーを並べる下地、しっかりした基礎ベースが重要となる。
12.2018年01月24日
鉄筋の組み立て作業が進んでいます
鉄筋の組み立て作業が進んでいます
4年ぶりの大雪で作業がしばし中断しました。
雪が所々まだ残っていますが作業再開です。
鉄筋の組み立てがだいぶ進んでいますよ。
13.2018年01月20日
捨てコンクリート打設が終わりました
捨てコンクリート打設が終わりました
捨てコンクリートの打設作業が無事に終わりました。
お天気が心配でしたが影響を受けずに良かったです。
数日養生をして鉄筋い組み立て作業が始まりますよ。
14.2018年01月20日
捨てコンクリート打設中です
捨てコンクリート打設中です
捨てコンクリートの打設作業が始まりました。
コンクリートポンプ車(コンクリートを圧送する車両)から出る生コンを
平らに均しているところですね。

15.2018年01月20日
捨てコンクリート打設の準備中です
捨てコンクリート打設の準備中です
基礎工事をしている栗山さんは捨てコンクリート打設の準備中です。
レベル測定器で砕石敷きの高低差をチェックをしていますよ。
16.2018年01月20日
防湿シートが敷き終わりました
防湿シートが敷き終わりました
奥に見える部分の居住部分へ防湿シートを敷き終えました。
手前はインナーガレージ部分となります。
引き続き、捨てコンクリートの打設作業に入ります。
17.2018年01月16日
インナーガレージの鉄筋組み立てが始まりました
インナーガレージの鉄筋組み立てが始まりました
基礎工事は砕石の敷き込みが終わり次の工程に入ります。
インナーガレージの鉄筋組み立てが始まりました。
引き続き居住分の鉄筋の組み立てに入ります。
18.2018年01月12日
砕石置換え工事が終わりました
砕石置換え工事が終わりました
昨日から作業が続いていた砕石の置換え工事が終わりました。
手前の部分がインナーガレージ部分で奥が居住部分です。
次の捨てコンクリート打設の作業に移ります。
19.2018年01月11日
砕石置換え工事が始まりました
砕石置換え工事が始まりました
地盤調査の結果から砕石を厚めに敷く作業が始まりました。
少しずつ砕石を入れプレートローラーで転圧していきます。
このくり返しで砕石を厚く敷き、地盤面の強化を行います。
20.2018年01月10日
基礎の床付け転圧作業中です
基礎の床付け転圧作業中です
基礎工事が進んでいます。
根切りが終わり、タンピングランマーを使用して
床付け転圧作業をしているところです。
21.2018年01月09日
基礎工事を着工しました
基礎工事を着工しました
いよいよ基礎工事の着工です。
まずは根切りの作業から始めます。
基礎となる部分の土をキレイに取り除き、砕石を敷く深さを確保します。
22.2018年01月09日
根切り工事が順調に進んでいます
根切り工事が順調に進んでいます
根切り工事の作業が順調に進んでいます。
かなりの土を掘り出しますね。
根切り工事の後は砕石の敷き込みに移ります。
23.2017年12月11日
井戸工事が始まりました
井戸工事が始まりました
今日から井戸工事が始まりました。
近隣に上水道がない場合は井戸を活用する事になります。
飲料用水は保健所の検査が合格すれば問題ありません。
24.2017年12月09日
地鎮祭の記念撮影です
地鎮祭の記念撮影です
土地の神様へ工事の安全とお施主様のご繁栄を祈願させていただき、
地鎮祭が滞りなく終わりました。
最後は地鎮祭の記念に皆さんで記念撮影です。
S様、本日は地鎮祭おめでとうございます。
25.2017年12月09日
玉串拝礼です
玉串拝礼です
地鎮祭の儀式が進んでいます。
お施主様による玉串拝礼に移りました。
神前に玉串を奉り拝礼する儀式です。
26.2017年12月09日
四方祓いの儀式です
四方祓いの儀式です
神主さんにより四方祓いをしているところです。
土地の四隅をお祓いをし、清める儀式です。
27.2017年12月09日
地鎮祭を迎えました
地鎮祭を迎えました
快晴の青空の広がる中、地鎮祭を迎えました。
土地の神様を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。
28.2017年11月14日
千葉県印西市「涼温な家」
千葉県印西市「涼温な家」
17年12月 基礎工事着工。
「S」様はご夫婦で体感ハウスにお泊りになって「涼温な家」を評価された。
エアコンの風を感じない、各部屋の温度差がない、空気がキレイな理由。
充分なおもてなしは出来ませんが、涼温な家は「試住」してみる価値ありです。
エアコンの風を感じない暮らし、
涼温な家は全館空調のイノベーション、宿泊してみると納得できます。