ページトップへ

ただいま建築中

  • 涼温換気SA-SHEの家
  • 全物件

千葉県 印西市 S様邸 No.234

印西市「S」様邸、ご夫婦の想いが叶う!快適性能『涼温な家』

1.2018年08月07日
[完成内覧会]
[完成内覧会]
2.2018年08月07日
[完成内覧会]
[完成内覧会]
3.2018年08月07日
[完成内覧会]
[完成内覧会]
4.2018年07月27日
[風量測定の実施]
[風量測定の実施]
弊社ではお引き渡し前に全棟必ず「風量の測定」を行います。どんなに優れた換気システムを用いても「給気」「排気」共に設計計画通りの風量が出なければ換気システムを設置した意味を成しません。「住み心地を保証する家造り」とても大切な検査です。
5.2018年07月26日
[風量測定の実施]給気口風量確認
[風量測定の実施]給気口風量確認
6.2018年07月26日
[風量測定の実施]排気口風量確認
[風量測定の実施]排気口風量確認
7.2018年07月26日
[畳工事]和紙畳
[畳工事]和紙畳
和紙畳はいぐさの畳と違い変色が少なく耐久性(耐摩擦)があり、水に強くダニやカビの発生がしにい。半畳タイプでヘリを付けずに使用する事が多くデザイン性もいいです。
8.2018年07月26日
[ハニカムサーモスクリーン]
[ハニカムサーモスクリーン]
ハニカム(蜂の巣)構造の断熱ブラインド、ハニカムサーモスクリーンは冬の冷え込みを防ぎ、夏の暑さを防ぎます。さらなる断熱性能を向上させるためのアイテム。
9.2018年07月23日
[外装工事]バルコニー笠木取付完了
[外装工事]バルコニー笠木取付完了
10.2018年07月20日
[住宅設備]エコキュート設置
[住宅設備]エコキュート設置
11.2018年07月20日
[内装工事]クロス・CF施工完了
[内装工事]クロス・CF施工完了
12.2018年07月14日
[浄化槽設置工事]掘削作業
[浄化槽設置工事]掘削作業
13.2018年07月10日
[コンクリート打設]インナーガレージ土間
[コンクリート打設]インナーガレージ土間
14.2018年07月10日
[コンクリート打設]エコキュート架台
[コンクリート打設]エコキュート架台
15.2018年07月10日
[外部工事]仮設足場撤去
[外部工事]仮設足場撤去
16.2018年07月10日
[住宅設備]システムキッチン取付
[住宅設備]システムキッチン取付
17.2018年07月05日
クロス工事のパテ処理が始まりました
クロス工事のパテ処理が始まりました
室内ではクロス工事が始まりました。
まずはパテ処理で石膏ボードのつなぎ目、
ビス穴など凸凹のある部分を埋めていきます。
パテが乾いた所でヤスリで平らにしてからクロスを貼る作業に移ります。
18.2018年07月05日
雨樋の取付をしています
雨樋の取付をしています
外部の工事もあと少しです。
雨樋の取付を行っていますよ。
屋根の軒先には「軒樋」を軒樋で集めた雨水を下に流す「竪樋」の取付です。
足場の解体も近いですね。
19.2018年07月03日
サイディング工事が終わりました
サイディング工事が終わりました
外壁のサイディング工事が終わりました。
2色の張り分けがオシャレですね。
外観の雰囲気が今までからガラッと変わりました。
20.2018年07月03日
建具の取付けが始まりました
建具の取付けが始まりました
棟梁は最後の仕上げに入っています。
建具の取付けの作業中です。
室内もいよいよ最後の仕上げ工程に入ります。
21.2018年06月29日
吹抜けの手すりが取付きました
吹抜けの手すりが取付きました
吹抜け廻りの手すりが取付きました。
化粧の手すりで仕上げ、開放感が抜群ですね。
化粧梁と手すりを見ながら2階のホールが見渡せます。
22.2018年06月29日
コーキング打ちの作業に入りました
コーキング打ちの作業に入りました
サイディングが張り終わり、コーキングを打つ作業が始まりました。
サッシ廻り、外壁の出隅部分などへコーキングを施工していきます。
23.2018年06月28日
サイディング工事が終わります
サイディング工事が終わります
梅雨が明け突然、夏が来ました。
サイディング工事もペースが上がりましたよ。
もう少しでサイディングを張る作業が終わります。
24.2018年06月28日
吹抜けの手すり工事が始まりました
吹抜けの手すり工事が始まりました
2階の吹抜け周りでは手すり工事が始まりました。
どのような仕上がりになるか楽しみですね。
25.2018年06月26日
サイディング工事もあと少し
サイディング工事もあと少し
外部の作業は梅雨時期はなかなか進みません。
今週は梅雨の中休みで晴れが続きそうです。
一気にサイディング工事を進めてしまいましょう。
26.2018年06月19日
外壁工事が進んでいます
外壁工事が進んでいます
外壁のサイディング工事が進んでいます。
今まで見えていた外断熱の断熱材が隠れてきましたね。
気密・断熱としっかり施工してありますので心配はありませんよ。
27.2018年06月09日
太陽光パネルの設置工事が終わりました
太陽光パネルの設置工事が終わりました
太陽光パネルの設置工事が終わりました。
外観の雰囲気がまた変わりましたね。
サイディングも搬入され外壁工事が始まります。
28.2018年06月09日
太陽光パネルの設置工事中です
太陽光パネルの設置工事中です
お施主様手配による太陽光パネルの設置工事が始まっています。
屋根の上に架台を取付け、パネルを固定する施工ですね。
太陽光の工事で雨漏りがしないように弊社でもしっかりチェックします。
29.2018年06月05日
キッチンカウンターが取付きました
キッチンカウンターが取付きました
室内の木工事が進んでいます。
キッチン前のカウンターが取付きました。
システムキッチンの取付ももう直ぐですね。
30.2018年06月05日
玄関ホールの下がり壁
玄関ホールの下がり壁
玄関ホールの下がり壁です。
アールをつけてオシャレに仕上りそうですね。
他にもお施主様のご要望でアールの下がり壁を施工中です。
31.2018年06月03日
1階の壁下地ボードを施工しています
1階の壁下地ボードを施工しています
棟梁の担当している木工事が進んでいます。
階段の次は1階の壁下地の石膏ボードを施工中です。
天井と壁に石膏ボードを貼り終えると部屋の広さや空間の雰囲気がよくわかりますね。
32.2018年06月02日
小屋裏までの階段が完成しました
小屋裏までの階段が完成しました
2階までの階段はすでに完成していましたが、
小屋裏までの階段が取付きました。
小屋裏には機械室があります。
換気システムのメンテナンスを考えると、
ハシゴユニットより固定階段の方が断然にしやすいですよね。
33.2018年06月01日
JIOによる外装下地検査を受けています
JIOによる外装下地検査を受けています
JIOの検査も3回目ですね。
今回は外装下地検査を受けています。
サッシ廻りやベランダの笠木廻りなど雨水の侵入がしやすい部分が
きちんと施工されているかをチェックしています。
検査は合格をいただきましたよ。
34.2018年05月26日
階段の施工が終わりました
階段の施工が終わりました
ずっとハシゴで上り下りをしていましたが室内の階段が施工されました。
これでお施主様も気軽に2階の様子が確認出来るようになりましたね。
35.2018年05月26日
天井の石膏ボードの施工が始まりました
天井の石膏ボードの施工が始まりました
天井の石膏ボードを貼る作業が始まりました。
台所の天井ボードが仕上がりましたね。
引き続き作業を進めて行く予定です。
36.2018年05月24日
屋根工事が始まりました
屋根工事が始まりました
屋根工事が始まりました。
ガルバリウム鋼板の縦葺きにて施行中です。
安全第一で工事をお願いしますね。
37.2018年05月24日
外部の塗装工事が終わりました
外部の塗装工事が終わりました
軒先き廻りとなる破風と軒天に外部塗装を行いました。
お施主様のお好みにあわせて色を決め施工をする部分。
S様はブラウン系の軒天に仕上がりましたね。
38.2018年05月20日
ベランダの防水工事が終わりました
ベランダの防水工事が終わりました
ベランダのFRP防水工事が終わりました。
FRPは繊維強化プラスチックの略称で、
ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックです。
船底やバスタブなどで使われ耐水性に優れています。
39.2018年05月17日
化粧破風板と軒天の施工が終わりました
化粧破風板と軒天の施工が終わりました
屋根の軒先廻りとなる破風板と軒天の施工が終わりました。
破風板と軒天が出来上がると外観の雰囲気が変わりますね。
40.2018年05月17日
ベランダの防水工事が始まりました
ベランダの防水工事が始まりました
インナーガレージ上のベランダでは防水工事が始まりました。
ベランダの床と壁の立ち上がり部分にFRP防水の施工です。
まずはプライマーの施工が終わりました。
41.2018年05月12日
気密測定をしています
気密測定をしています
構造見学会の当日に気密測定を行いました。
お施主様にも立ち会って頂き測定スタートです。
測定の結果は隙間相当面積C値は0.02cm2/m2でしたo(^_^)o
高気密があって高断熱がある!
こだわりと自信を持ってオススメできる吉建ブランドです。

★以下「涼温な家」より抜粋
『断熱と気密とは一対の関係であり
気密と機械換気も一対に考えるべきものです。
住み心地のレベルは、数値やグラフでは表現できないとしても
気密測定の数値で推察することができます。
数値が良いということは、住み心地を良くするための絶対条件であるとともに
大工・職人の心意気が立派だということでもあります。』以上
※0.02㎠は素晴らしい数値です! 0.2㎠ではありません‥
42.2018年05月12日
構造見学会を行いました
構造見学会を行いました
12日、13日と構造見学会を行いました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
またご協力頂いたS様ありがとうございます。
43.2018年05月09日
床下地合板の施工中です
床下地合板の施工中です
天井の下地組みが終わり棟梁は次の作業に入っています。
床の下地合板の施行を行いました。
お施主様より選ばれる床材が違うため、
床材に合わせた床下地の施工をしていきます。
44.2018年05月08日
ガレージの入り口にシャッターを取付中です
ガレージの入り口にシャッターを取付中です
外部のサッシ関係で一番最後となりましたが
ガレージのシャッターを施行中です。
車の出し入れが楽なように電動のシャッターとしました。
45.2018年05月02日
2階の天井下地を施行中です
2階の天井下地を施行中です
棟梁が2階の天井下地を組んでいるところです。
天井の石膏ボードをビスで固定する下地材です。
換気システムのダクトを潰さないように
スペースを確保してあるのがわかりますね。
46.2018年04月27日
ベランダ床下地の施行中です
ベランダ床下地の施行中です
ベランダ床下地の様子です。
下からだとよくわかりませんが、ベランダから見ると広いですね。
床は雨水が溜まらないように水勾配が付いています。
47.2018年04月27日
ベランダ笠木の施行中です
ベランダ笠木の施行中です
棟梁は引き続き、インナーガレージ上のベランダを施行中です。
ベランダの笠木が取付きましたね。
外観のイメージがまた変わりましたよ。
48.2018年04月27日
JIOの躯体検査を受けています
JIOの躯体検査を受けています
木工事が順調に進んでいますが、今日はJIOによる躯体検査です。
筋違いの本数や位置、金物の使用状況などをチェック中です。
検査はもちろん合格ですよ。
49.2018年04月26日
ベランダの下地工事が始まります
ベランダの下地工事が始まります
ベランダの下地工事が始まりました。
インナーガレージの上がベランダになります。
手すり壁ができるとまた外観の雰囲気が変わりますね。
50.2018年04月26日
インナーガレージの天井下地工事
インナーガレージの天井下地工事
インナーガレージの天井下地工事が終わりました。
棟梁の頑張りで木工事は順調に進んでいます。
51.2018年04月24日
玄関上の下屋を施工中です
玄関上の下屋を施工中です
玄関上の下屋工事が進んでいます。
外断熱工事が終わらないと作業ができない部分でした。
やっと玄関にも屋根ができますね。
52.2018年04月24日
通気胴縁の施工が始まりました
通気胴縁の施工が始まりました
外壁の外断熱の上に通気胴縁の施工が始まりました。
この通気胴縁は断熱材を固定したり、外壁材の下地の役目があります。
また通気胴縁の厚みは断熱材の外側の空気層となるんですよ。
53.2018年04月23日
屋内の給排水工事が始まりました
屋内の給排水工事が始まりました
屋内の給排水工事が始まりました。
給水管、給湯管、排水管の施行中です。
2階からの排水管には音が軽減する防音材が巻いてある部材をしようしています。
54.2018年04月23日
ダクト工事と電気配線工事
ダクト工事と電気配線工事
ダクト工事が進んでいます。
ダクトの工事はとても繊細です。
少しでも曲がりがキツイと風量が確保できません。
知識や技術、経験がないと大変な作業となりますね。
55.2018年04月19日
センターダクトの設置工事中です
センターダクトの設置工事中です
現場に搬入されていたセンターダクトの部材を設置しています。
2階部分までのセンターダクトが立ち上がっていますよ。
小屋裏部分の設置工事をしているところです。
「涼温な家」の大黒柱のように存在感がありますね。
56.2018年04月17日
屋根の2層目の垂木工事が始まりました
屋根の2層目の垂木工事が始まりました
屋根の2層目の垂木工事が始まりました。
一般的な木造はこの2層目の垂木工事はありません。
あえて手間をかけて気密と断熱に吉建ホームはこだわります。
この2層目の垂木の間には30mmの断熱材を入れ込み、
屋根の断熱性能をより高める作業を進めていきます。
57.2018年04月17日
1階の床下地作業が終わりました
1階の床下地作業が終わりました
1階の床下地作業が終わりました。
床下が見えていた室内の雰囲気がだいぶ変わりましたね。
現場にはセンターダクトの部材も納品されましたよ。
58.2018年04月16日
床下地の工事が始まりました
床下地の工事が始まりました
1階の床下地となる根太工事が始まりました。
土台と大引の上に根太を施工しています。
この上に床下地合板を施工すると1階の床下地が完成です。

★床下は建物が完成すると、施主様が床下の奥までもぐることがほとんどありません。
なので床下のキレイさには徹底してこだわる。
「涼温な家」の床下は居室の一部なので給気・排気ともシッカリ換気計画されます。
以下「いい家」が欲しい。より抜粋
●家の良し悪しは、床下と小屋裏の温度・湿度で決まる。
いい家をと望むのであれば、まず床下に徹底的にこだわることです。
耐震性と断熱・気密・防湿性を兼ね備えた「基礎」を有し、
カビや腐朽菌の発生しづらい空気環境を確保することができなければ、
どんなにその上の建物にこだわり、お金をかけても意味がないのです。
59.2018年04月15日
防水・気密テープの処理が終わりました
防水・気密テープの処理が終わりました
住居部分とインナーガレージ部分とも防水・気密テープの処理が終わりました。
これで外断熱工事が終わりましたね。
防水・気密テープの処理が終われば湿気や雨の侵入がなくなり安心です。
棟梁も室内の作業が快適になりますね。
60.2018年04月12日
インナーガレージの外断熱工事
インナーガレージの外断熱工事
住居部分に引き続きインナーガレージの外断熱工事が始まりました。
断熱材は住居部と同じミラフォーム厚さ50mmを貼り付けています。
この断熱材は防湿層も兼ねているので施工が終われば、
室内への雨や湿気などの心配はなくなりますね。
61.2018年04月09日
気密防水テープの施工中です
気密防水テープの施工中です
住居部分の断熱材が貼り終わりました。
棟梁は気密防水テープの施工中です。
白い断熱材に黒いテープが目立ちますね。
この黒いテープが気密防水テープです。
62.2018年04月06日
外断熱工事が順調に進んでいます 2
外断熱工事が順調に進んでいます 2
今度は建物の裏側からの様子です。
断熱材を貼り終えると次の作業は、
気密防湿テープを断熱材のつなぎ目や樹脂サッシ周りに貼る作業となります。

★外断熱による「防湿気密層」も強固な基礎一体打ち構法もTIP構法も
シロアリ物理防蟻も、外壁を張ると見た目は普通の家と変わません。
「涼温な家」の高性能は全て隠れてしまう‥
いい家造りは見えなくなるところに手が掛ける。
63.2018年04月05日
外断熱工事が順調に進んでいます
外断熱工事が順調に進んでいます
外断熱工事が順調に進んでいます。
インナーガレージ以外は断熱材を貼り終えました。
屋根と外壁がスッポリと断熱材で覆われています。
樹脂サッシも取り付いていますね。

★スッポリと断熱材で覆う、これから高気密テープ処理が始まります。
大工さんの手間がタップリ掛かりますが、建物の「高気密性能」は花粉や黄砂、
排ガスや越境汚染など外気汚染を家の中に侵入させない。
住む人の健康を守るシェルターとなる。

64.2018年04月01日
外断熱工事が始まっています
外断熱工事が始まっています
TIP構法のライトアップが終わり、棟梁は外断熱工事に取り掛かっています。
外壁面に断熱材が貼られていますね。
構造躯体をすっぽりと覆う外断熱工事も吉建ホームのこだわりです。
65.2018年04月01日
配管廻りのMP工法
配管廻りのMP工法
シロアリ対策の最後は配管廻りのMP工法です。
シロアリの侵入経路をしっかりガードして防蟻を行います。
これでシロアリ対策はバッチリですね。
66.2018年03月30日
ライトアップが始まりました
ライトアップが始まりました
吉建ホーム恒例のTIP構法ライトアップが始まりました。
夕方にはお施主様も到着しまずは記念撮影です。
これからゆっくりとライトアップを見学していただきます。
67.2018年03月30日
月とライトアップ
月とライトアップ
日も暮れて東の空には満月が輝いています。
ライトアップも綺麗ですね。
お施主様にも喜んでいただき良かったです。
68.2018年03月30日
ベランダの床下地工事
ベランダの床下地工事
棟梁はベランダの床下地工事をしています。
水勾配を考慮して下地となる垂木を取り付けていますね。
今日中に床の野地板とルーフィングの施工を進めるそうです。
69.2018年03月24日
TIP構法の施工がかなり進みましたよ
TIP構法の施工がかなり進みましたよ
TIP構法の施工が順調に進んでいます。
随分と進みましたね。
今月末にはライトアップを予定しています。
70.2018年03月20日
TIP構法の施工が進んでいます
TIP構法の施工が進んでいます
ガセットプレートの次はラス板の貼り付けです。
筋違いと逆の方向に斜め45度の角度でラス板を貼っていきます。
余分なところは丸ノコでカット。
現場にはヒノキの良い香りがしていますよ。

★ヒノキの下地板は構造強度を強化しながら「通気性」が確保できます。
そのため構造体の耐久性が著しく向上し
万が一、雨水や湿気が壁の内部に侵入した場合でも、乾燥を早めます。
71.2018年03月18日
玄関土間のMP工法
玄関土間のMP工法
玄関土間のMP工法が終わりました。
玄関土間とポーチ柱の隙間とポーチ柱の基礎断熱材のつなぎ目に防蟻処理を施しました。
これで地面から土台へシロアリの侵入路をしっかりと防いでいます。
基礎の外断熱をするにはシロアリ対策を万全にする必要があります。

★、一般の人は「シロアリ物理防蟻」この言葉を聞いたことがないかもしれません。
建築関係者でも物理防蟻の言葉すら知らない人が意外と多い‥
薬剤を使用しない白蟻対策を「ノンケミカル耐物理防蟻」といいます。
72.2018年03月18日
玄関土間の防蟻処理
玄関土間の防蟻処理
玄関土間のポーチ柱部分です。
防蟻処理となるMP工法の前準備です。
土間とポーチ柱の間には隙間を作っています。
シロアリ対策の為にワザと手間のかかる方法をしています。
ポーチ柱の基礎断熱材の隙間からシロアリの侵入路をしっかりガードします。

★玄関は白蟻最前線、玄関土間の「耐シロアリ物理防蟻」ここまで完璧にできる
ビルダーはそうはいないでしょうね‥この「溝」に特殊反応樹脂材を注入する。
73.2018年03月15日
ガセットプレートの施工中です
ガセットプレートの施工中です
TIP構法の施工が始まります。
まずは緑色の三角形のプレートを施工します。
これはガセットプレートといいます。
厚さ12mmの構造用合板を薄鉄板で補強したプレートで、柱と横架材を接合します。

★木造の「筋交い」は圧縮には利くが、
引っ張りには利かないというのが以前からの常識であった。
しかし「ガセットプレート」を用いることにより
木造本来の力である引っ張り力を存分に発揮できるようになった。
TIP構法のガセットプレートとは?
http://www.yoshiken-home.com/co_mame/JvZ20151108144257-813.html

74.2018年03月15日
引き続き、間柱・窓台の施行中です
引き続き、間柱・窓台の施行中です
引き続き棟梁は間柱・窓台の施工をしています。
作業は午前中には終わる予定です。
午後からはTIP構法の準備に入ります。
75.2018年03月11日
棟梁が確認中です
棟梁が確認中です
1層目屋根のルーフィング工事が終わりました。
ちょうどルーフィングを貼り終えた棟梁は下から屋根を確認中です。
棟梁、これからもよろしくお願いします。

★多くの屋根はこの上に直接、屋根瓦を仕上げていきます。
夏の屋根は火傷するほど暑く、冬は凍りつくほど冷たい。
すると小屋裏との温度差により屋根下地が結露でビショビショに濡れます。
弊社ではこの上に50㍉+30㍉計80㍉断熱層とその上部に30㍉の「通気層」を設ける。
徹底して過酷な外気とに温度差を造りません。
それは『屋根結露防止と屋根裏利用のため』
屋根下地の上部に断熱層を造ることを「屋根断熱」と呼び
屋根下地の下部に断熱層を造ることを「天井断熱」と呼びます。
天井断熱はコストがごく安いが屋根結露により腐食・劣化を早めます。
断熱層上部に通気層がないと築6年で腐食する屋根。http://www.yoshiken-home.com/co_mame/bc3b847f4b66e79c2f7ebef4-692.html
76.2018年03月10日
間柱・窓台の取り付け中です
間柱・窓台の取り付け中です
屋根のルーフィング施工の後は間柱と窓台の取り付け作業が進んでいます。
間柱は柱と柱の間に入る材料、窓台はサッシを取り付ける場所に入る材料です。
上棟の時は柱だけで構造体もスカスカな感じでしたが、
間柱・窓台が取り付くと頑丈に見えますね。
77.2018年03月07日
一層目のルーフィング工事
一層目のルーフィング工事
上棟が無事に終わり現場の作業はどんどん進んでいます。
まずは屋根(1層目)の野地板を貼りルーフィングを貼る作業です。
雨で構造材などが出来るだけ濡れないようにするためです。
ルーフィングを貼り終えたので安心ですね。
78.2018年03月04日
上棟の記念撮影
上棟の記念撮影
上棟の記念撮影中の様子をパチリ。
柱が建つと建物が大きく見えますね。
明日からは早速、屋根の下地工事が始まります。
79.2018年03月04日
上棟作業が無事に終わりました
上棟作業が無事に終わりました
上棟の作業が無事に終わりました。
S様、上棟おめでとうございます。
上棟した建物をバックに記念撮影です。
80.2018年03月04日
上棟作業が順調に進んでいます
上棟作業が順調に進んでいます
上棟作業が順調に進んでいます。
2階の梁・桁の組み立てまで終わりました。
残すは小屋の部分ですね。
81.2018年03月04日
上棟が始まりました
上棟が始まりました
S様の上棟を迎えました。
晴天のもとで上棟作業が進んでいます。
1階の柱が建ち、これから2階の梁・桁の組み立て作業に入ります。
82.2018年03月02日
先行足場工事とプレカット材料の搬入
先行足場工事とプレカット材料の搬入
先行足場の組み立てが終わりました。
これで安全に上棟の作業が進める事ができますね。
上棟に先立ち、現場にはプレカットの材料も搬入されました。
週末にはいよいよ上棟を迎えます。
83.2018年02月28日
土台敷きの作業中です
土台敷きの作業中です
土台敷きの作業が進んでいます。
真ん中で作業中なのはS様邸の木工事を担当する佐藤棟梁です。
棟梁、よろしくお願いしますね。

佐藤棟梁の紹介はこちら
84.2018年02月28日
土台敷きが始まりました
土台敷きが始まりました
土台敷きが始まりました。
土台を敷く前に基礎と土台の間にエプトシーラーというテープを貼ります。
接地面の防水と直接コンクリートに土台が触れないようにしています。

「エプトシーラー」
あらゆる間を埋め、熱、水、音、振動をシャットアウトします。
汎用ゴムの中で最も耐久性・対候性にすぐれたEPDMゴム発泡体に、
独自の粘着技術を組み合わせて開発した高機能シーリング材です。
85.2018年02月26日
物理的防蟻工事 MP工法
物理的防蟻工事 MP工法
基礎の外側の断熱材には白蟻が食い破ることができないミラポリカを使用しています。
でもこれだけでは完璧とは言えません。
ミラポリカのジョイント部分(継手部分)にわずかな隙間があれば、
白蟻はここから侵入してきてしまうからです。
断熱材に丸印がある部分ジョイント部分に穴を開け、
ゴミやチリなどをキレイに除去した後に
特殊な樹脂を充填し白蟻の侵入路をふさぐ処理をします。
86.2018年02月26日
基礎工事が終わりました
基礎工事が終わりました
玄関のポーチ部分のコンクリート打設が終わりました。
インナーガレージの内部を除き基礎工事が終わりました。
この後は先行足場工事を行い、いよいよ上棟を迎えます。
87.2018年02月21日
外部給排水工事が始まっています
外部給排水工事が始まっています
足場を架ける前に外部給排水工事が始まっていますね。
基礎の貫通部分は特にシロアリや湿気の侵入が無いように
最新の注意を払い施工します。
この他にしっかりとMP工法で防蟻対策をしていきます。

★薬剤を使用しない物理的な防蟻対策は入念な作業が求められます。
基礎断熱材に硬化剤を注入する作業だけでも‥タップリ手間が掛かる!
断熱材に小さな穴を開けるさいに粉がでる、その穴の清掃だけでも丸一日。
硬化剤を注入するよりも倍の時間がかかる。


88.2018年02月13日
基礎の型枠を解体しました
基礎の型枠を解体しました
基礎の型枠を撤去しました。
基礎もポーチ部分などを除けば完成です。
雨が降ると基礎の中は水が溜まりますが心配ありません。
「いい基礎」とは雨の日は水が溜まります。
以前は水抜き穴を設けて水を抜いたものですが、
水抜き穴からは湿気やシロアリが侵入します。
基礎は防湿性がなければなりません。
床下浸水時でも床下に水が入らない基礎を「いい基礎」といいます。
だから、「ESB工法一体打ち基礎」にこだわります。
89.2018年02月07日
一体打ち基礎のコンクリートの打設が終わりました
一体打ち基礎のコンクリートの打設が終わりました
コンクリートの打設が無事に終わりました。
コンクリートの表面をコテでキレイに均してピカピカですね。
基礎の方はしばらく養生期間となります。
90.2018年02月07日
一体打ち基礎のコンクリート打設中
一体打ち基礎のコンクリート打設中
基礎の立ち上がりと底盤のコンクリートを同時に打設する事で、
つなぎ目を無くし湿気や水分、シロアリが基礎内部に侵入することを防ぎます。
そして強度も格段に上がるんですよ。

☆基礎「一体打ち基礎」とは基礎強度upのほかに
地盤からの湿気侵入とシロアリ侵入の防止。
床下を居室同様のキレイな空気にするには欠かせない家の『重要部』
打ち継ぎ部のない基礎は地下室やプールのように水も湿気も侵入させない
強固な「防湿基礎」となる。
基礎の「打ち継ぎ部」を無くせ…!基礎一体打ち工法とは‥コチラ
91.2018年02月07日
一体打ち基礎のコンクリート打設が始まりました
一体打ち基礎のコンクリート打設が始まりました
一体打ち基礎のコンクリート打設が始まりました。
職人さんが手際よく作業を進めています。
基礎の底盤部分と立ち上がり部分を一緒にコンクリートを流し混んでいきます。
92.2018年02月06日
基礎の型枠工事が終わりました
基礎の型枠工事が終わりました
基礎工事が順調に進んでいます。
型枠工事、基礎断熱材の取り付けが終わりました。
これで一体打ち基礎のコンクリート打設の準備が整いました。
93.2018年01月31日
基礎の接続金物を取付けています
基礎の接続金物を取付けています
基礎の接続金物を取付け中です。
アンカーボルト、ホールダウン金物など大切な部材です。
埋め込み深さや設置位置を確認しながらの作業です。
94.2018年01月30日
日本住宅保証機構JIO基礎配筋検査
日本住宅保証機構JIO基礎配筋検査
基礎の配筋検査を受けました。
鉄筋の太さ、配筋間隔、鉄筋のかぶり寸法、定着寸法などが、
基礎伏図どおり出来ているかを確認していきます。
確認が終われば、状況写真撮影をおこない、基礎配筋検査終了です。
検査の結果、合格を頂きました。
95.2018年01月30日
基礎貫通部の配管工事をおこなっています
基礎貫通部の配管工事をおこなっています
基礎貫通部分の配管工事が進んでいます。
給水用、排水用などそれぞれに合わせた専用の部材を使用します。
コンクリートを打設する前はやる事がたくさんありますね。
96.2018年01月25日
基礎立ち上がり部分の配筋
基礎立ち上がり部分の配筋
外周部分の立ち上がり部分の配筋です。
玄関ポーチ部分からみたところになります。
立ち上がり部分も井桁状に鉄筋が組んでありますね。
外周周りに金物が並んでいますがこれに型枠を固定します。
97.2018年01月25日
基礎底盤部分の配筋
基礎底盤部分の配筋
鉄筋の組み立て作業中です。
底盤部分の配筋を近くから見てみましょう。
鉄筋が井桁状に組んであり、等間隔に四角い石が置いてあります。
これは鉄筋の被り厚をきちんと取るためのスペーサーです。
立ち上がりの配筋はポストと呼ばれる部分となります。

ポスト基礎
床下の通気不足による湿気溜りをなくす工夫です。
弊社の家造りは徹底して床下の通気性を良くします。

☆スペーサー、キャラメルともいう四角な小さな石
基礎に詳しい基礎屋ほど「スペーサー」を重視します。
そのためスペーサーを並べる下地、しっかりした基礎ベースが重要となる。
98.2018年01月24日
鉄筋の組み立て作業が進んでいます
鉄筋の組み立て作業が進んでいます
4年ぶりの大雪で作業がしばし中断しました。
雪が所々まだ残っていますが作業再開です。
鉄筋の組み立てがだいぶ進んでいますよ。
99.2018年01月20日
捨てコンクリート打設が終わりました
捨てコンクリート打設が終わりました
捨てコンクリートの打設作業が無事に終わりました。
お天気が心配でしたが影響を受けずに良かったです。
数日養生をして鉄筋い組み立て作業が始まりますよ。
100.2018年01月20日
捨てコンクリート打設中です
捨てコンクリート打設中です
捨てコンクリートの打設作業が始まりました。
コンクリートポンプ車(コンクリートを圧送する車両)から出る生コンを
平らに均しているところですね。

101.2018年01月20日
捨てコンクリート打設の準備中です
捨てコンクリート打設の準備中です
基礎工事をしている栗山さんは捨てコンクリート打設の準備中です。
レベル測定器で砕石敷きの高低差をチェックをしていますよ。
102.2018年01月20日
防湿シートが敷き終わりました
防湿シートが敷き終わりました
奥に見える部分の居住部分へ防湿シートを敷き終えました。
手前はインナーガレージ部分となります。
引き続き、捨てコンクリートの打設作業に入ります。
103.2018年01月16日
インナーガレージの鉄筋組み立てが始まりました
インナーガレージの鉄筋組み立てが始まりました
基礎工事は砕石の敷き込みが終わり次の工程に入ります。
インナーガレージの鉄筋組み立てが始まりました。
引き続き居住分の鉄筋の組み立てに入ります。
104.2018年01月12日
砕石置換え工事が終わりました
砕石置換え工事が終わりました
昨日から作業が続いていた砕石の置換え工事が終わりました。
手前の部分がインナーガレージ部分で奥が居住部分です。
次の捨てコンクリート打設の作業に移ります。
105.2018年01月11日
砕石置換え工事が始まりました
砕石置換え工事が始まりました
地盤調査の結果から砕石を厚めに敷く作業が始まりました。
少しずつ砕石を入れプレートローラーで転圧していきます。
このくり返しで砕石を厚く敷き、地盤面の強化を行います。
106.2018年01月10日
基礎の床付け転圧作業中です
基礎の床付け転圧作業中です
基礎工事が進んでいます。
根切りが終わり、タンピングランマーを使用して
床付け転圧作業をしているところです。
107.2018年01月09日
基礎工事を着工しました
基礎工事を着工しました
いよいよ基礎工事の着工です。
まずは根切りの作業から始めます。
基礎となる部分の土をキレイに取り除き、砕石を敷く深さを確保します。
108.2018年01月09日
根切り工事が順調に進んでいます
根切り工事が順調に進んでいます
根切り工事の作業が順調に進んでいます。
かなりの土を掘り出しますね。
根切り工事の後は砕石の敷き込みに移ります。
109.2017年12月11日
井戸工事が始まりました
井戸工事が始まりました
今日から井戸工事が始まりました。
近隣に上水道がない場合は井戸を活用する事になります。
飲料用水は保健所の検査が合格すれば問題ありません。
110.2017年12月09日
地鎮祭の記念撮影です
地鎮祭の記念撮影です
土地の神様へ工事の安全とお施主様のご繁栄を祈願させていただき、
地鎮祭が滞りなく終わりました。
最後は地鎮祭の記念に皆さんで記念撮影です。
S様、本日は地鎮祭おめでとうございます。
111.2017年12月09日
玉串拝礼です
玉串拝礼です
地鎮祭の儀式が進んでいます。
お施主様による玉串拝礼に移りました。
神前に玉串を奉り拝礼する儀式です。
112.2017年12月09日
四方祓いの儀式です
四方祓いの儀式です
神主さんにより四方祓いをしているところです。
土地の四隅をお祓いをし、清める儀式です。
113.2017年12月09日
地鎮祭を迎えました
地鎮祭を迎えました
快晴の青空の広がる中、地鎮祭を迎えました。
土地の神様を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る儀式です。
114.2017年11月14日
千葉県印西市「涼温な家」
千葉県印西市「涼温な家」
17年12月 基礎工事着工。
「S」様はご夫婦で体感ハウスにお泊りになって「涼温な家」を評価された。
エアコンの風を感じない、各部屋の温度差がない、空気がキレイな理由。
充分なおもてなしは出来ませんが、涼温な家は「試住」してみる価値ありです。
エアコンの風を感じない暮らし、
涼温な家は全館空調のイノベーション、宿泊してみると納得できます。