ページトップへ

ただいま建築中

  • 涼温換気SA-SHEの家
  • 全物件

東京都 足立区 S様邸 No.225

都内に建つ純和風の佇まい『涼温な家』

1.2018年02月19日
外壁工事が始まりました
外壁工事が始まりました
外壁のサイディングを張る工事が始まりました。
車庫と同じデザインのサイディングを張っていますね。
基礎と外壁の間には土台水切りを取り付け、
そこからサイディングが始まります。
2.2018年02月17日
JIOの追加外装下地検査を受けています
JIOの追加外装下地検査を受けています
JIOの追加外装下地検査を受けました。
弊社では全物件でJIOの検査を受けています。
自社だけではなく、第三者の目で公正にチェックを受けることも大事ですね。
検査はきちんと合格を頂き、次の作業に進みます。
3.2018年02月14日
雨抑えの工事が終わりました
雨抑えの工事が終わりました
1階の屋根と2階の外壁との取り合い部分に、
雨抑えの板金工事が終わりました。
台風や大雨の時などに外壁の隙間から雨が入り込まないよう
板金を立ち上げて施工します。
4.2018年02月13日
破風と軒天の塗装が終わりました
破風と軒天の塗装が終わりました
屋根の先端にあたる破風と軒先裏の軒天を塗装しました。
和風の佇まいに合わせた色合いですね。
屋根瓦との相性もバッチリです。
5.2018年02月10日
瓦工事が終わりました
瓦工事が終わりました
瓦工事が終わりました。
外観も瓦がのるとさらに良く見えますね。
外部の工事はいよいよ外壁工事に入ります。
6.2018年02月10日
床のフローリングを養生しています
床のフローリングを養生しています
棟梁が養生シートで床のフローリングを保護しています。
まだ工事が続きますから床を傷やホコリなどから守る必要がありますからね。
室内のクリーニングまでしっかりと養生します。
7.2018年02月08日
床のフローリング貼りの作業中です
床のフローリング貼りの作業中です
床のフローリングを貼る作業が続いています。
なにやら床の間に紙のようなものが挟まっていますね。
これはスペーサーです。
無垢材のフローリングを貼る時に使います。
床材の間にスペーサー(0.5mm程度)を挟み隙間を作る事で、
梅雨時期に床が膨張して盛り上がらないようにする工夫ですね。
8.2018年02月07日
軒下の柱へ防水シートを貼りました
軒下の柱へ防水シートを貼りました
1階の軒下にある柱へ防水シートを貼りました。
外壁のサイディングを貼る下準備となります。
軒天の天井も仕上がってますね。
9.2018年02月07日
破風の取り付けが終わりました
破風の取り付けが終わりました
屋根の軒先に破風の取り付けが終わりました。
瓦工事も進んでいますので屋根がキレイに仕上がっていきますね。
外壁の工事が待ち遠しいですね。
10.2018年02月06日
瓦工事が進んでいます
瓦工事が進んでいます
瓦工事は2階の屋根に取り掛かっています。
平瓦の材料はすでに屋根の上に運ばれていますね。
棟換気の取り付く場所に下地パーツを施工したところです。
11.2018年02月06日
フローリングの貼り付けが始まっています
フローリングの貼り付けが始まっています
室内では床のフローリングを貼る作業が始まりました。
キズがつかないように1枚ずつ丁寧に作業を進めていますね。
貼り終わった部分から養生シートでフローリングを保護します。
12.2018年01月26日
気密測定を実施しました
気密測定を実施しました
お施主様立会いのもと気密測定をおこないました。
測定士の野村さんから測定の間に説明をしているところですね。
気密はとても大事なところです。
断熱をよくしても気密が悪いと家の性能は台無しです。
見えない部分だからこそ気密測定はとても大事なことですよ。
13.2018年01月26日
瓦工事が始まりました
瓦工事が始まりました
雪も解けて外周りの作業再開です。
瓦工事が始まっています。
1階屋根の寄棟部分のところです。
瓦を角度に合わせて調整するのは職人技ですね。
14.2018年01月24日
ユニットバスを設置しました
ユニットバスを設置しました
4年ぶりの大雪で東京も外は真っ白でした。
雪解けも進み、現場も作業再開です。
住宅設備の中で一番最初に設置するユニットバスの工事が終わりました。
15.2018年01月21日
軒天の施工が始まりました
軒天の施工が始まりました
1階の玄関上などの軒天の施工が始まりました。
防火の対策をしっかりとおこなう必要がある部分です。
不燃材料を使用して万全に施工しています。
16.2018年01月21日
捨て谷工事が終わりました
捨て谷工事が終わりました
2階の外壁と屋根の取り合い部分に捨て谷を施工しました。
建築用語は難しいですね。
捨て谷(すてだに)
万が一、瓦下に雨水が廻っても外部に排出されるように樋をもうけます。
これを捨て谷といいます。
17.2018年01月17日
ダクト設置後の風量測定中です
ダクト設置後の風量測定中です
換気システムのダクト工事が終わりました。
排気用のダクトは完成後は隠れてしまうため、
施工後にすぐ風量測定を実施します。
測定の結果を踏まえ、ダクトの曲がりなど調整をします。

※「排気ダクト」の風量測定。
室内空気は『排気の分だけ空気が動く』と言います‥!
排気口から排気されているハズだ…!ではなく、どれだけ風量があるのか?
排気は各部屋だけでなく家全体「総排気量」の緻密な計算が重要。
天井裏に隠れてしまう排気ダクトです。あとからの手直しは困難。
排気風量と換気フィルターのメンテナンス‥大丈夫ですか?
http://www.yoshiken-home.com/co_diary/cj8510102806.html




18.2018年01月16日
センターダクトが設置されました
センターダクトが設置されました
「涼温な家」の一番大事な部分となるセンターダクトが設置されました。
小屋裏から床下まで1本に伸びるセンターダクトは空気の大黒柱。
構造見学会で実際にご覧いただけますよ。
19.2018年01月16日
構造躯体検査を受けています
構造躯体検査を受けています
JIOによる構造躯体検査を受けています。
筋違いや接続金物、申請図面の通りに施工されているかをチェックしています。
建物で大事な構造躯体をしっかりと確認して頂き、合格しましたよ。
20.2018年01月15日
換気システムのダクト工事が進んでいます
換気システムのダクト工事が進んでいます
室内では換気システムのダクト工事が進んでいます。
天井裏に設置されるのは排気用ダクトで、
6分岐のボックスを使用し各部屋へ分配されています。
21.2018年01月15日
外装下地検査を受けました
外装下地検査を受けました
JIOの追加外装下地検査を受けました。
弊社では全物件でJIOの検査を受けています。
第三者の目で公正にチェックを受けることも大事なこと。
検査の方はきちんと合格を頂き次の作業に進みます。
22.2018年01月15日
ルーフィングと瓦桟の取付けが終わりました
ルーフィングと瓦桟の取付けが終わりました
屋根ではルーフィングが貼り終わり、
その上に瓦桟の施工が終わりました。
これで瓦工事に入れますね。
23.2018年01月13日
床の下地合板を貼りました
床の下地合板を貼りました
室内では床の下地合板が貼り終わっています。
壁の方を見るとTIP構法が見れますね。
今月末にはお施主様のご好意で構造見学会を行います。
今しか見れない大切なトコロを確認できるチャンスですよ。
24.2018年01月09日
屋根の野地板が貼り終わりました
屋根の野地板が貼り終わりました
外断熱工事が終わり、屋根には野地板が貼られました。
この上にルーフィングを貼り、屋根工事へ移ります。
建物の外観がこれからどんどん変化していきますよ。
25.2017年12月25日
新築部分では通気胴縁の作業中です
新築部分では通気胴縁の作業中です
新築部分では外断熱材が終わり、
断熱材の上に通気胴縁を取付ける作業中です。
年内の作業もあとわずかですね。

通気胴縁とは?断熱材の外側に付ける外壁材の下地板。
その通気胴縁が24時間通気する「自然通気層」となる。
壁内と屋根下地に熱を籠らせない工夫、自然通気層ですね
26.2017年12月25日
車庫部分の土間コンクリートを打設しました
車庫部分の土間コンクリートを打設しました
車庫部分では内部の床と道路までの部分に土間コンクリートを打設しました。
あとはコンクリートが乾くのを待つだけですね。
車庫工事の工事もあと少しで完了です。
27.2017年12月21日
車庫部分の足場を解体しました
車庫部分の足場を解体しました
車庫部分では足場が解体されました。
足場がなくなるとスッキリしますね。
奥の新築部分では気密テープを貼る作業が進んでいます。
28.2017年12月20日
断熱材に包まれました
断熱材に包まれました
新築部分は外断熱工事が進んでいます。
断熱材で屋根や壁の構造躯体が覆われました。
防湿層もかねていますのでこれで雨が降っても安心ですね。

「防湿層」について一般の人はいまだに関心がなく
防湿層を見たことがない人が多いそうです??
スッポリと建物が硬質断熱材に包まれる。写真がまさに防湿層です。
雨漏りより怖い壁内結露、防湿層『ベーパーバリア』に無知ではなりません。
ベーパーバリアとは壁体内部、壁の中の結露防止。http://www.yoshiken-home.com/co_mame/GPi20150821025159-616.html
29.2017年12月19日
車庫の屋根工事が進んでいます
車庫の屋根工事が進んでいます
車庫部分では屋根工事が進んでいます。
ガルバリウム鋼板の瓦棒葺きとなります。
屋根工事も仕上げに入りますよ。
30.2017年12月12日
車庫のサイディング工事中です
車庫のサイディング工事中です
車庫部分のサイディング工事が始まっています。
一般的な木造の造りなので早いですね。
新築部分はその分手間をかけてしっかりと進めていますよ。
31.2017年12月08日
外断熱工事の作業が進んでいます
外断熱工事の作業が進んでいます
今日は2階まで外断熱工事が進んでいますね。
建物がどんどん白い断熱材に包まれていきます。
手間はかかりますが吉建ホームがこだわっている部分です。
32.2017年12月08日
外断熱工事の様子
外断熱工事の様子
車庫部分の足場の上からの様子です。
屋根も壁も断熱材で覆われてきました。
構造躯体を雨や湿気から守る外断熱。
防湿層としてとても大事な部分なんです。
33.2017年12月07日
外断熱工事が始まりました
外断熱工事が始まりました
外壁はTIPの施工も終わり、外断熱工事が進んでいます。
断熱はもちろん、防湿層にもなる大事な部分。
手間をかけてしっかりと施工していきます。
34.2017年12月01日
車庫部分の室内状況です
車庫部分の室内状況です
車庫部分の様子です。
今回は室内側の進捗状況ですよ。
壁と天井には石膏ボードが貼られました。
内装制限があるのでしっかりと構造体を不燃材料で守ります。
35.2017年11月29日
新築部分ではサッシを取り付けています
新築部分ではサッシを取り付けています
新築部分はTIPの作業が終わり、サッシの取付け工事が始まっています。
外壁の断熱材が現場に搬入されました。
サッシの取付けが終われば外断熱工事がスタートです。
36.2017年11月29日
車庫部分も工事が進んでいます
車庫部分も工事が進んでいます
車庫部分は外壁の防水透湿シートが貼り終わり、
シャッターが取付きました。
随分と作業が進みましたね。

37.2017年11月18日
TIP構法ライトアップ
TIP構法ライトアップ
あいにくのお天気でしたが本日はTIP構法のライトアップ♪
耐震構法のTIPですが、ライトアップされると幻想的です。
クリスマスのイルミネーションにもピッタリですね。
38.2017年11月18日
TIP構法ライトアップ2
TIP構法ライトアップ2
39.2017年11月18日
TIPライトアップ3
TIPライトアップ3
40.2017年11月16日
車庫部分と新築部分の様子
車庫部分と新築部分の様子
ただいま作業は新築部分を進めています。
手前の車庫部分はちょっと作業はお休み中。
41.2017年11月16日
新築部分はTIP構法の作業が進んでいます
新築部分はTIP構法の作業が進んでいます
新築部分はTIP構法の作業が進んでいます。
2階部分が終わり1階部分の施行中。
TIP構法とは
ゆれにくい(剛性)、こわれにくい(強度)、ねばりづよい(靭性)
傾きにくい(復元性)、直しやすい(破壊形状)
が特徴の耐震工法です。
42.2017年11月09日
基礎貫通部配管周りMP工法
基礎貫通部配管周りMP工法
基礎の配管廻りにも気を配ります。
配管の隙間は地面と繋がっています。
ここからシロアリが侵入しないようにMP工法でしっかりとガードです。
43.2017年11月04日
2階の屋根にもルーフィングを施工しました
2階の屋根にもルーフィングを施工しました
昨日に引き続き、新築部分では1層目の屋根を工事中です。
今日は2階の屋根にフーフィングを施工しました。
これで多少の雨であれば屋根から雨が室内へ入ることがなくなりました。
44.2017年11月04日
TIPも張り始まってます
TIPも張り始まってます
新築部分の1階屋根と接している外壁部分にはTIPも張られています。
斜め45度に張っている材料がそうです。
弊社で採用しているTIP構法についてはまた次回。
45.2017年11月03日
1階屋根にルーフィングを施工しました
1階屋根にルーフィングを施工しました
上棟から1週間が経ちました。
車庫、新築部分ともに工事が進んでいます。
新築部分では1層目の屋根工事中です。
1階の屋根にフーフィングを施工しました。
46.2017年11月03日
玄関土間部MP工法 その1
玄関土間部MP工法 その1
白蟻対策は完璧にしなければなりません
薬剤を使用しないノンケミカル防蟻工法
弊社自慢はこの防蟻工法、手間がタップリ掛かります。
白蟻の物理防蟻は完璧に、且つ点検を怠らないこと(年一回が目安)
47.2017年11月03日
玄関土間部MP工法 その2
玄関土間部MP工法 その2
玄関ホールの土間と玄関ポーチ土間の「溝」に注目
玄関下はシロアリの最前線、隠れた白蟻の侵入経路http://www.yoshiken-home.com/co_diary/MSc20160610101953.html
この溝に「反応型特殊硬化剤」を注入する。
特殊硬化剤と防蟻断熱材で完璧にシロアリ侵入を防止する。
48.2017年10月28日
上棟おめでとうございます
上棟おめでとうございます
上棟の最後に全員で記念撮影です。
棟梁、これからよろしくお願いします。
S様、上棟おめでとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
49.2017年10月28日
ただいま上棟中(2日目)その3
ただいま上棟中(2日目)その3
新築部分と車庫部分の上棟作業が無事終わりました。
雨もなんとか降らずに作業を進めることが出来てよかった。
これから上棟式が始まります。
S様、本日はおめでとうございます。
50.2017年10月28日
ただいま上棟中(2日目)その2
ただいま上棟中(2日目)その2
新築部分の一番てっぺんにある棟木に「弊束(へいそく)」が取付きました。
この幣束は魔除けの意味があるんですよ。

51.2017年10月28日
ただいま上棟中(2日目)
ただいま上棟中(2日目)
上棟2日目が始まりました。
今日は午後から雨の予報…
雨が降らないうちになんとか作業が終わればいいなあ。
車庫部分の柱、梁・桁を組み立て中です。
52.2017年10月27日
ただいま上棟中(1日目)その3
ただいま上棟中(1日目)その3
反対側の方向からの様子です。
下から見上げると大きく見えますね。
背景の青空がとてもキレイです。
53.2017年10月27日
ただいま上棟中(1日目) その2
ただいま上棟中(1日目) その2
上棟1日目の午後の作業も順調です。
2階の柱、梁・桁まで組み上がりましたね。
引き続き小屋裏部分の作業に入ります。
54.2017年10月27日
ただいま上棟中(1日目)
ただいま上棟中(1日目)
上棟1日目、お昼の様子です。
1階の柱、梁・桁が組み上がりました。
午後からは2階の柱を建ちあげるところからスタートです。
55.2017年10月27日
上棟が始まりました
上棟が始まりました
快晴のお天気の中、上棟を迎えました。
新築部分から作業が始まっています。
すでに1階の柱が建ち、梁・桁を組み立てる作業中です。
56.2017年10月26日
先行足場が組み上がりました
先行足場が組み上がりました
明日の上棟の前に足場が組み終わりました。
足場を組むと建物が大きく見えますね。
いよいよ明日は上棟です。
2日かけての作業になりますが、台風だけが心配です。
57.2017年10月25日
車庫部分の土台敷きも終わりました
車庫部分の土台敷きも終わりました
車庫部分の土台敷きも終わりました。
土台が基礎のアンカーボルトにしっかり固定されていますね。
ちょっとだけ長い金物はホールダウン金物で柱と基礎を固定するものです。
58.2017年10月18日
基礎の型枠が外され先行で配管工事をしています
基礎の型枠が外され先行で配管工事をしています
新築部分の基礎では型枠が外れました。
奥では先行して配管工事が進んでいます。
外部の配管などを足場を組む前に終わらせてしまいます。

★雨が続きますが、基礎工事中の小雨は生コン養生に敵しています。
生コンは固まる途中に「熱」を持つ、
土間コンに猫の足跡をみたことがありませんか?
暖かいので猫が入ってくるのです

社長が語る、基礎工事の基礎知識
59.2017年10月18日
車庫部分の基礎も型枠が外れました
車庫部分の基礎も型枠が外れました
車庫部分の基礎も型枠が外れました。
配管などはありませんが、
車庫の内部にもう一度コンクリートを打設して、
雨が内部へ侵入しないように勾配をつける予定です。
60.2017年10月17日
敷地の全景が見渡せます
敷地の全景が見渡せます
お隣の堤防から敷地を見渡せます。
眺めがいいですね♪
敷地周辺も建築ラッシュで工事現場が増えています。
61.2017年10月17日
新築部分の基礎は外周部の型枠を解体しました
新築部分の基礎は外周部の型枠を解体しました
雨が続いていますが基礎工事は進んでいます。
新築部分では外周部の型枠を解体しました。
白く見えるのが基礎の外断熱材です。
62.2017年10月17日
車庫部分の基礎は型枠を解体中です
車庫部分の基礎は型枠を解体中です
車庫部分の基礎では型枠解体中です。
雨の中ですが、基礎を担当している栗山さんが作業中。
今月末の上棟に向けて工事が進んでいます。
早くお天気よくなって〜
63.2017年10月11日
一体打ち基礎のコンクリート打設が終わりました
一体打ち基礎のコンクリート打設が終わりました
底盤部と外周部立ち上がり部分の一体打ち基礎工事ですが、
コンクリートの打設が終わりました。
中央部分の立ち上がり(ポストといいます)は後日コンクリートを打設する予定です。
建物の大きさや季節によりポスト部分だけ分けて施工する場合があります。

ポスト基礎とは床下の通気不足による湿気溜りをなくす工夫
弊社の家造りは徹底して床下の通気性を良くする。

☆基礎「一体打ち基礎」とは基礎強度upのほかに
地盤からの湿気侵入とシロアリ侵入の防止。
床下を居室同様のキレイな空気にするには欠かせない家の『重要部』
打ち継ぎ部のない基礎は地下室やプールのように水も湿気も侵入しません。

基礎の「打ち継ぎ部」を無くす…基礎一体打ち工法とは‥コチラ
64.2017年10月11日
新築部分の一体打ち基礎工事が始まりました
新築部分の一体打ち基礎工事が始まりました
新築部分の一体打ち基礎工事が始まりました。
底盤部と外周部立ち上がり部のコンクリートを一緒に打設します。
ちょうど底盤部のコンクリートを打設しているところです。
65.2017年10月05日
車庫部分の基礎工事です
車庫部分の基礎工事です
車庫部分の基礎工事はベース(底盤)にコンクリートを打ちました。
一般的に行われている基礎工事のやりかたです。
底盤のコンクリートが乾くと立ち上がりへ型枠を組み上げます。
66.2017年10月04日
新築部分の基礎配筋検査を受けています
新築部分の基礎配筋検査を受けています
JIO(日本住宅保証検査機構)による基礎配筋検査を受けています。
瑕疵保険に加入する時にご説明していますが、
3回の現場検査を受けますが最初の検査となります。

67.2017年10月04日
新築部分の配筋工事が進んでいます
新築部分の配筋工事が進んでいます
新築部分の配筋工事が進んでいます。
ベース(底盤)部分をみると鉄筋が2重に入っていますね。
ダブル配筋でより強い基礎になるように施工しています。
68.2017年10月04日
車庫部分の基礎配筋工事が終わりました
車庫部分の基礎配筋工事が終わりました
車庫部分は基礎の配筋工事が終わっています。
こちらの基礎はシングル配筋で施工されています。
建物の用途や予算に合わせ工法やグレードを変えています。
69.2017年10月02日
配筋工事中です
配筋工事中です
新築部分の基礎は配筋工事が進んでいます。
ところどこに見える小さなブロックはスペーサーです。
かぶり厚がきちんと確保出来るように設置しています。
70.2017年10月01日
新築部分の基礎は墨出しをしました
新築部分の基礎は墨出しをしました
新築部分の基礎は墨出しをおこないました。
直線や丸型、楕円のマークが墨出しのところです。
新築部分の基礎は「一体打ち基礎」!!
吉建ホームのこだわりの一つです。

71.2017年09月30日
車庫部分の基礎は底盤用の型枠を組みました
車庫部分の基礎は底盤用の型枠を組みました
車庫部分の基礎には底盤用の型枠を組みました。
この辺から新築部分とは工程が変わってきましたね。
こちらは一般的な基礎工事のやり方となります。

一般的な基礎工事とは?基礎を2回に分けて造ること
車庫の基礎なのでコストを抑えた普通基礎にしています。
72.2017年09月25日
鎮め物を埋めました
鎮め物を埋めました
地鎮祭でお預かりした鎮め物を新築部分の基礎の下に埋めました。
建物の中心に近いところへ穴を掘って鎮めます。
ずっとご家族を守ってくれますね。
73.2017年09月25日
新築部分の防湿シート貼り
新築部分の防湿シート貼り
新築部分の基礎工事は防湿シート貼りの作業が終わりました。
風で飛ばされないようにブロックと鉄筋で重し代わりに仮置きしてありますね。
74.2017年09月25日
車庫部分の防湿シート貼り
車庫部分の防湿シート貼り
車庫部分も防湿シートを貼る作業が終わりました。
新築部分と同じ工程で進みます。
75.2017年09月25日
車庫部分の捨てコンクリート打設
車庫部分の捨てコンクリート打設
防湿シートの上に捨てコンクリートを打設しています。
基礎や型枠の墨出し、型枠・鉄筋の受け台となる部分。
また、配筋のかぶり厚を均等にする役割もあるんですよ。
76.2017年09月25日
新築部分の捨てコンクリート打設
新築部分の捨てコンクリート打設
車庫部分の捨てコンクリート打設が終わり今度は新築部分です。
どんどん防湿シートが隠れていきますよ。
それにしても基礎屋さんのお二人は手際がいいですね。
77.2017年09月25日
特殊車両で作業効率が上がります
特殊車両で作業効率が上がります
工事中は特殊車両がたくさん登場します。
基礎工事ではコンクリートミキサー車がすぐ思い浮かびますが、
今回はコンクリートポンプ車♪
コンクリートを圧送する車両です。
昔の一輪車を使い人力での作業から随分楽になりました。
78.2017年09月22日
新築部分と車庫部分の砕石敷き込み工事
新築部分と車庫部分の砕石敷き込み工事
どちらも砕石敷き込み作業が終わりました。
今回は両方が見れる方向から♪
さすが栗山さん!美しい仕上がりです。
それにしても広い敷地ですね。

龍ケ崎市から都内まで1時間たらず、圏央道路の開通で都内が近くなった。
79.2017年09月21日
新築部分の砕石敷き込み
新築部分の砕石敷き込み
新築部分の砕石敷き込み作業をもう1枚。
基礎工事をお願いしている栗山工務店さんは作業が丁寧です。
砕石敷き込みも本当にキレイに仕上げていますね。
80.2017年09月21日
新築部分にも砕石が入りました
新築部分にも砕石が入りました
新築部分にも砕石が入りました。
やはりタッピングランマー!大活躍です。
81.2017年09月20日
車庫の砕石敷きが終わりました
車庫の砕石敷きが終わりました
車庫の基礎工事が進んでいます。
根切り工事の次は砕石の敷き込み工事。
タッピングランマーでの転圧後、
プレートランマーで表面を均す作業が終わりました。
82.2017年09月20日
新築部分の基礎工事も始動
新築部分の基礎工事も始動
車庫の基礎と同時進行で新築部分の基礎も始まっています。
まずはタッピングランマーで土の部分を整地中。
車庫部分と同じように作業が進みます。
83.2017年09月19日
新築部分の基礎工事
新築部分の基礎工事
こちらは新築部分の基礎工事の様子です。
ベンチマークを元にレベルに合わせ基礎部分の高さを調整しています。
84.2017年09月19日
車庫部分の基礎に砕石が入りました
車庫部分の基礎に砕石が入りました
車庫部分の基礎に砕石が入りました。
まずはタッピングランマーの出番です。
外周から内側に向かって均している最中。
手前にはプレートランマーが待機中。
85.2017年09月18日
車庫部分の基礎工事本格始動 その2
車庫部分の基礎工事本格始動 その2
車庫部分の基礎工事です。
タッピングランマーで土の部分を整地中。
ドンドンと整地されて行くのを見ていると気持ちいいですよ。
86.2017年09月18日
車庫部分の基礎工事本格始動です
車庫部分の基礎工事本格始動です
車庫部分の基礎工事が本格的に始まります。
タッピングランマーの準備ができました。
いよいよ始まります。
87.2017年09月16日
ブロック積み工事が進んでいます
ブロック積み工事が進んでいます
境界のL字部分のブロック積みが終わりました。
残りはの化粧ブロック積みとなります。
建築地は河川敷の隣です。
空が広く見えて気持ちが良い場所ですね。
88.2017年09月14日
境界のブロックを積んでいます
境界のブロックを積んでいます
隣地との境界にブロックを積んでいます。
随分と作業が進みましたね。
敷地の広さがわかりやすくなりました。
89.2017年09月14日
車庫の工事も同時に進めます
車庫の工事も同時に進めます
隣地境界のブロック積み工事と並行して車庫の工事も進めています。
ちょうど車庫になるスペースの様子です。
大きな車庫になりそうですね。
90.2017年09月14日
車庫の根切りが始まっています
車庫の根切りが始まっています
よく見ると車庫の根切りが始まっていますね。
ブロック積みと同時進行なので、
基礎工事の栗山さんに段取りをお任せしますよ。

91.2017年09月11日
いよいよ着工です
いよいよ着工です
S様邸がいよいよ着工です。
まずは境界のブロックを積む工事からスタート♪( ´▽`)
ブロックを積むための根切り作業の様子です。
92.2017年08月08日
地盤調査を実施しました
地盤調査を実施しました
台風の影響が心配でしたが、地盤調査を実施しました。
いつもは表面波による調査ですが、
今回はSDS試験(スクリュードライバーサウンディング試験)を選択です。
従来のスウェーデン式サウンディング試験を進化させた新しい調査方法。
地盤判定とともに土質の推定が同時に行える調査です。
都内で液状化が少し不安なので液状化判定もする予定。
93.2017年07月30日
地鎮祭を終えて記念撮影
地鎮祭を終えて記念撮影
地鎮祭が無事に終わりました。
神主さんに土地の神様へご挨拶して頂きました。
これで工事も安全に進みそうですね。
最後に神主さんとお施主様とで記念撮影です。
S様、本日は地鎮祭おめでとうございます。
94.2017年07月30日
地鎮祭 鍬入れの儀
地鎮祭 鍬入れの儀
地鎮祭が恙無く進んでいます。
お施主様による「鍬入れの儀」の様子です。
95.2017年07月30日
地鎮祭が始まります
地鎮祭が始まります
本日、地鎮祭を迎えた足立区のS様邸。
これから地鎮祭が始まります。
96.2017年01月12日
完成予想(^ ^) 外観パース
完成予想(^ ^) 外観パース
今年の夏頃に着工予定です
お楽しみに(^ ^)