ページトップへ

ただいま建築中

  • 涼温換気SA-SHEの家
  • 全物件

東京都 足立区 K様邸 No.229

都内に建つコンパクトで使いやすい間取りの『涼温な家』

1.2018年04月19日
完了検査を受けています
完了検査を受けています
仕上げ工事も含め全ての工事が終わりました。
建物の工事が終わると行政の完了検査を受ける事になります。
完成した建物が申請書通りに出来上がっているかをチェック中です。
2.2018年04月10日
クロス工事が終わりました
クロス工事が終わりました
室内では仕上げ工事が進んでいます。
クロス工事が終わりましたよ。
廊下や階段などはクロスを貼ると光が反射して明るくなりますね。
3.2018年04月10日
クロス工事が終わりました2
クロス工事が終わりました2
奥の壁は杉の無垢板を貼りました。
自然素材がアクセントとなりいい雰囲気ですね。
完成まであと少しですよ。
4.2018年04月06日
クロス工事が始まりました
クロス工事が始まりました
室内では仕上げ工事が始まっています。
まずはクロス工事からスタートです。
石膏ボードのつなぎ目とビス穴にパテを埋め作業中です。
5.2018年04月02日
外部足場が外れました
外部足場が外れました
外部の足場が解体されました。
サイディングの色分けがモダンで素敵ですね。
工事の方もラストスパートに入りました。
6.2018年03月19日
遮音シートの施工中です
遮音シートの施工中です
お施主様のご要望により一部の壁面へ遮音シートを施工しています。
以前に吸音ウールを施工した場所へ遮音シートを貼り付けます。
完全ではありませんが音が気になる場合は効果がありますよ。
7.2018年03月19日
サイディング工事が進んでいます
サイディング工事が進んでいます
外壁のサイディング工事が進んでいます。
サイディングがほぼ張り終えました。
あとはサッシ廻りやコーナー部などをコーキングを充填する作業となります。
8.2018年03月14日
サイディング工事が始まりました
サイディング工事が始まりました
外壁のサイディング工事が始まりました。
まずは土台水切りの施工からスタートです。
外廻りの工事もあとわずかですね。
9.2018年03月03日
トイレの下地ボードと埋込収納
トイレの下地ボードと埋込収納
トイレの壁に下地ボードを貼り終わりました。
また小物を収納するための埋込収納も取り付けが終わっています。
室内の木工事もあと少しです。
10.2018年02月27日
屋根工事が始まりました
屋根工事が始まりました
屋根工事が始まりました。
屋根はガルバリウム鋼板葺きとなります。
まずはケラバ部分をガルバリウム鋼板で施工中です。

★屋根下地の黒いシートはルーフィングと呼ぶ防水シート。
雨漏り用なの水も湿気も通しません。ビニールシートのようなもの‥
一般的な屋根はこのシートの裏側が激しく「結露」する。
なので、弊社は屋根の結露・腐食対策として屋根下地に2重の「通気層」を設け
屋根断熱を徹底させ‥防水シートの裏に危険な温度差をつくりません。
一見普通の屋根に見えますが、屋根の断熱気密と通気層の効果は大きい。
屋根断熱(屋根上)と天井断熱(天井裏)では違います。
構造は難しいですね‥!
屋根下地を結露・劣化から守る。http://www.yoshiken-home.com/co_diary/QNB20150115173818.html




11.2018年02月27日
屋根工事が終わりました
屋根工事が終わりました
屋根のガルバリウム鋼板の横葺きが終わりました。
スッキリした仕上がりで良い感じですね。
屋根に付いている突起物は雪止め金具です。
12.2018年02月24日
天井の石膏ボードを貼り始めました
天井の石膏ボードを貼り始めました
室内では天井の石膏ボードを貼り始めました。
換気システムのダクトや梁・桁が見えなくなって少し寂しいですね。
木工事も終盤に入りました。
これから室内の雰囲気がどんどん変わっていきますよ。
13.2018年02月17日
お施主様立会いのもと気密測定を行いました
お施主様立会いのもと気密測定を行いました
お施主様立会いのもと気密測定をおこないました。
「涼温な家」は気密も大事なところです。
断熱をよくしても気密が悪いと家の性能は台無しです。
見えない部分だからこそ気密測定はとても大事なことですよ。
14.2018年02月15日
遮音工事が進んでいます
遮音工事が進んでいます
お施主様のご要望により遮音工事を進めています。
壁の柱と間柱の間に吸音ウールを施工しました。
遮音性能、吸音性能を発揮するために空気層に充填する吸音材です。

☆「涼温な家」は壁内に吸音材をギューギューに押し込んでも
内部結露で吸音材が蒸れることがありません。
なぜか?外断熱の高気密性能によるもの、【ココ重要です】
外断熱に中途半端な隙間があると小さな隙間から「冷気や湿気」が侵入し
北面などの壁内は蒸れやすく乾きにくい。
しかし外断熱の施工がシッカリしていれば
壁内と外気との間に危険な『温度差』を造らず結露を防止できます。
万一、湿気が入り込んだとしても壁内の湿気はゆるやかに排気される。
壁内・天井裏の換気回数は0.3回/hに設定。
※構造内部の「湿気排気」‥ココが大手もどこも真似のできない重要ポイント。
15.2018年02月14日
ユニットバスの施工中です
ユニットバスの施工中です
ユニットバスの施工が始まりました。
ショールームで決めて頂いた内容を元に現場で組み立て作業中です。
完成が楽しみですね。
16.2018年02月14日
JIOの追加外装下地検査を受けています
JIOの追加外装下地検査を受けています
JIOの追加外装下地検査を受けました。
弊社では全物件でJIOの検査を受けています。
自社だけではなく、第三者の目で公正にチェックを受けることも大事です。
検査の方はきちんと合格を頂き次の作業に進みますよ。
17.2018年02月14日
床のフローリングを貼り始めました
床のフローリングを貼り始めました
床のフローリングを貼る作業が始まりました。
床の間に紙のようなものが挟まっています。
これはスペーサーといい、
無垢材のフローリングを貼る時に使います。
床材の間にスペーサー(0.5mm程度)を挟み隙間を作る事で、
梅雨時期に床が膨張して盛り上がらないようにする工夫ですね。
18.2018年02月13日
ダクト工事がおわり、風量測定を行なっています
ダクト工事がおわり、風量測定を行なっています
換気システムのダクト工事が終わりました。
排気用のダクトは完成後は隠れてしまうため、
施工後にすぐ風量測定を実施します。
測定の結果を踏まえ、ダクトの曲がりなど調整をします。

※「排気ダクト」の風量測定。
室内空気は『排気の分だけ空気が動く』と言います‥!
排気口から排気されているハズだ…!ではなく、どれだけ風量があるのか?
排気は各部屋だけでなく家全体「総排気量」の緻密な計算が重要。
天井裏に隠れてしまう排気ダクトです。あとからの手直しは困難。
排気風量と換気フィルターのメンテナンス‥大丈夫ですか?
http://www.yoshiken-home.com/co_diary/cj8510102806.html

19.2018年02月10日
構造躯体検査を受けています
構造躯体検査を受けています
JIOによる構造躯体検査を受けています。
筋違いや接続金物、申請図面の通りに施工されているかをチェックしているところです。
建物で大事な構造躯体をしっかりと確認して頂き、合格しましたよ。
20.2018年02月06日
2層目の屋根工事が進んでいます
2層目の屋根工事が進んでいます
2層目の屋根工事がまもなく終わります。
屋根の野地板が貼り終わりルーフィングの施工が進んでいます。
手間が掛かりますが家の性能を考えれば当然ですよね。
21.2018年01月24日
大雪でも室内の作業は快適です
大雪でも室内の作業は快適です
4年ぶりの大雪にはビックリでしたね。
外廻りはまだ雪が残り、滑りやすいので作業できません。
室内は外断熱にスッポリと覆われているので作業するには快適です。
1階の根太を取り付け作業中ですね。
22.2018年01月16日
2層目の屋根断熱工事が始まりました
2層目の屋根断熱工事が始まりました
2層目の屋根の断熱工事が始まりました。
1層目の断熱材の厚さは50mm、2層目の断熱材の厚さは30mmです。
2層にする事で断熱性能が格段に向上しますよ。
23.2018年01月15日
1層目の屋根の断熱工事が終わりました
1層目の屋根の断熱工事が終わりました
外断熱工事が進んでいます。
1層目の屋根の断熱工事が終わり2層目の垂木を施工中です。
この垂木の間に2層目の断熱材を入れていきます。
24.2018年01月09日
外断熱工事の作業が進んでいます
外断熱工事の作業が進んでいます
外断熱工事の作業が進んでいます。
断熱材はJSP製のミラフォームを採用しています。
断熱材の厚さは50mmで建物をスッポリと覆います。
この断熱材は防湿層もかねているんですよ。

「防湿層」について一般の人はいまだに関心がなく
防湿層を見たことがない人が多いそうです??
スッポリと建物が硬質断熱材に包まれる。写真がまさに防湿層です。
雨漏りより怖い壁内結露、防湿層『ベーパーバリア』に無知ではなりません。
ベーパーバリアとは壁体内部、壁の中の結露防止。http://www.yoshiken-home.com/co_mame/GPi20150821025159-616.html
25.2018年01月09日
外断熱工事の作業が進んでいます その2
外断熱工事の作業が進んでいます その2
今度は屋根の部分です。
屋根も外壁部分と同じようにミラフォームで覆います。
外壁と違うのは屋根部分は断熱材が2層となるところ。
現在は1層目の断熱材を施行中です。
26.2017年12月27日
TIP構法のライトアップです
TIP構法のライトアップです
冷え込みが厳しい日となりましたが、TIPのライトアップを迎えました。
まずは外部からライトアップの開始です。
冬は一段とキレイに見えますね。

☆TIP構法の特徴は強靭な耐震性と無垢のヒノキ材による「調湿性」
壁内に結露とカビを発生させない‥いつまでも蒸れない清潔な壁内を造ります。  
27.2017年12月27日
TIP構法 内部からのライトアップ
TIP構法 内部からのライトアップ
今度は内部からTIP構法のライトアップです。
内部からのライトアップの方はよりキレイですね。
斜めに貼ったTIPの隙間から照らされる光が幻想的です。
28.2017年12月27日
ライトアップの記念撮影
ライトアップの記念撮影
TIP構法のライトアップをバックに記念撮影です。
冷え込みの厳しい中、夕方までお待ちいただきましてありがとうございました。
29.2017年12月22日
制震金物の取付けが始まりました
制震金物の取付けが始まりました
TIP構法の他にお施主様のご要望により制震金物を取付けます。
地震対策はこれでバッチリですね。
黒い金物が制震筋交い金物となります。
30.2017年12月21日
TIP構法の施工が始まりました
TIP構法の施工が始まりました
TIP構法の施工が始まりました。
TIP構法とは
ゆれにくい(剛性)、こわれにくい(強度)、ねばりづよい(靭性)
傾きにくい(復元性)、直しやすい(破壊形状)
が特徴の耐震工法です。
31.2017年12月08日
ルーフィングを貼っています
ルーフィングを貼っています
上棟から一夜明け、棟梁は早速作業を進めています。
屋根の下地合板が貼り終わり、ルーフィングを貼り進めていますね。
これから天気がくずれる予報なので時間との戦いです。
32.2017年12月07日
上棟の記念撮影です
上棟の記念撮影です
K様、本日は上棟おめでとうございます。
幣束を持っていただき、記念撮影です。
33.2017年12月07日
四方をお清め中です
四方をお清め中です
上棟の最後はお施主様、棟梁と建物四方のお清めです。
これで無事に上棟が終わりました。
何事もなく終了出来て一安心です。
34.2017年12月07日
上棟の作業が終わりました
上棟の作業が終わりました
上棟の作業が終わりました。
一番上にある棟に幣束を取り付け終わりました。
棟梁とお手伝いの池田監督が最後の片付け中です。
35.2017年12月07日
上棟の作業中です
上棟の作業中です
快晴のお天気のもと上棟の作業が続いています。
2階の床下地に養生シートを貼っているところです。
作業は順調ですよ。
36.2017年12月04日
土台敷きが終わりました
土台敷きが終わりました
数日後に上棟を控え、土台敷きが終わりました。
明日は先行足場を組む予定です。
準備も整い、いよいよ上棟ですね。
37.2017年12月03日
玄関ポーチ部分の防蟻処理
玄関ポーチ部分の防蟻処理
防蟻処理はMP工法でしっかりと対策しています。
玄関の土間と玄関ポーチ土間の「溝」に注目ですよ。
玄関下はシロアリの最前線、隠れた白蟻の侵入経路なんです。
http://www.yoshiken-home.com/co_diary/MSc20160610101953.html
この溝に「反応型特殊硬化剤」を注入し、
特殊硬化剤と防蟻断熱材で完璧にシロアリ侵入を防止します。
38.2017年12月03日
基礎貫通部配管周りMP工法
基礎貫通部配管周りMP工法
基礎の配管廻りにも気を配ります。
配管の隙間は地面と繋がっています。
ここからシロアリが侵入しないようにMP工法でしっかりとガードです。
39.2017年11月29日
基礎工事が進んでいます
基礎工事が進んでいます
基礎工事が進んでいます。
残っていた基礎内側の立上がり部分にコンクリートを打設しました。
外周部の型枠はすでに解体されていますね。
基礎も外断熱で施工していますがよく確認できますね。
40.2017年11月23日
コンクリートの打設をしました
コンクリートの打設をしました
基礎は一体打ちESB工法で基礎の打継ぎ部分を無くます。
特に外周部は湿気やシロアリが打継ぎ部分から侵入しやすいところ。
ここをしっかりと施工する事がとても大事なのです。

★従来の基礎2回打ちと、基礎一体打ちでは全く違います。
床下を地下室のように、地盤からの水染みや湿気を防止する強固な基礎です。
隠れてしまう家の重要部『気密防湿層』造り、まずは基礎から‥!
防湿気密層『ベーパーバリア』ご存じですか?http://www.yoshiken-home.com/co_mame/Mje20150312045138-616.html
41.2017年11月17日
基礎配筋検査を受けています
基礎配筋検査を受けています
JIO(日本住宅保証検査機構)による基礎配筋検査を受けています。
瑕疵保険に加入する時にご説明していますが、
3回の現場検査のうち最初の検査となります。
これだけしっかり配筋がしてあれば問題ないですね。
42.2017年11月16日
配筋が組み終わりました
配筋が組み終わりました
基礎の配筋が組み終わりました。
見るからに頑丈そうですよね。
明日はJIOの配筋検査となります。
43.2017年11月11日
基礎の型枠と断熱材の施工中です
基礎の型枠と断熱材の施工中です
基礎の外周部の型枠を組み立てた後に断熱材を施工しました。
白く見えるのが断熱材です。
吉建ホームでは基礎は外断熱、断熱材はミラポリカを採用しています。
44.2017年11月09日
防湿シートの敷き込みが終わりました
防湿シートの敷き込みが終わりました
砕石敷き込みの次の工程は防湿シートの敷き込みです。
砕石の上に隙間が出来ないように重ねしろを確保してシートを敷きます。
次は捨てコンクリートの打設になりますよ。
45.2017年11月06日
砕石の敷き込み作業が終わりました
砕石の敷き込み作業が終わりました
砕石の敷き込み作業が終わりました。
基礎屋さんの手際が良いので作業がどんどん進みますね。
防湿シートを敷いて捨てコンクリート打設の準備に入ります。
46.2017年11月06日
砕石の敷き込み作業中です
砕石の敷き込み作業中です
根切りが終わり砕石の敷き込み作業に入りました。
タッピングランマーでの転圧後、
プレートランマーで表面を均す作業をおこないます。
47.2017年11月04日
基礎工事が始まりました
基礎工事が始まりました
K様邸の基礎工事が始まりました。
まずは土の根切り工事からです。
設計GLを確認しながら基礎の根切り底まで土を取り除いて行く作業です。
48.2017年08月10日
地盤調査を実施中です
地盤調査を実施中です
台風の影響が心配でしたが、地盤調査を実施しました。
いつもは表面波による調査ですが、
今回はSDS試験(スクリュードライバーサウンディング試験)を選択です。
従来のスウェーデン式サウンディング試験を進化させた新しい調査方法。
地盤判定とともに土質の推定が同時に行える調査です。
都内で液状化が少し不安なので液状化判定もする予定です。
49.2017年08月09日
青空の元、地鎮祭が始まります
青空の元、地鎮祭が始まります
台風が過ぎて久しぶりの青空の下、K様邸の地鎮祭を迎えました。
ピンと張り詰めた空気の中、祭事が始まります。
50.2017年08月09日
地鎮祭 鍬入れの儀
地鎮祭 鍬入れの儀
地鎮祭が滞りなく進んでいます。
お施主様による「鍬入れの儀」の一コマ。
土地の神様に家を建てる事をお願いする儀式の一つです。
51.2017年08月09日
地鎮祭の後は記念撮影を
地鎮祭の後は記念撮影を
K様邸の地鎮祭が終わりました。
土地の神様にご家族のご繁栄と工事の安全を祈願する事が出来ましたね。
K様、地鎮祭おめでとうございます♪
最後に神主さんと一緒に記念撮影です。
52.2017年08月08日
解体工事が終わりました
解体工事が終わりました
先週から進めてきた解体工事ですが、本日完了しました。
既存建物もすっかりと解体され更地となりましたね。
作業の最後は敷地全体の整地と前面道路の清掃です。
来月の初旬に地鎮祭を迎えます♪
53.2017年07月24日
解体工事の作業中です
解体工事の作業中です
先週から始まった解体工事。
作業は順調に進んでいます。
既存の建物はすでに解体されてしまいました。
手作業で細かい物を分別しているところです。
解体工事もあと少しで完了ですね。
54.2017年07月19日
解体工事が始まりました
解体工事が始まりました
本日、関東地方が梅雨明けしましたね。
そんな中、K様邸の解体工事が着工しました。
ご近隣にご迷惑をかけないように慎重に作業を進めて行きます。
55.2017年05月17日
完成イメージパース
完成イメージパース
東京都足立区のK様よりご契約を頂きました。
足立区で2棟目のお申込みです。
K様ご家族の理想が叶う快適な住み心地の『涼温な家』を、誠心誠意の気持ちを持って造らせて頂きます。
K様、ご契約ありがとうございました。