社長ブログ

心理的寿命とは期待していた家に裏切られること。

建物の寿命よりも心理的寿命のほうが早くやってきます‥

冬‥洗面脱衣室が思っていたほど暖かくない、エアコンの風が気になる

新築なのに結露に悩まされる、寒い日、窓を開けなければ結露も生活臭も消えない。

換気装置の機能しない寝室の空気は呼気(CO2)が増え息苦しい感じがする。等々

期待していたほどの家ではなかった。 そうなったなら家に飽きるのが早い。

「涼温な家」は住めば住むほど家が好きになります。期待という約束‥多いに期待していただきたい。

●夜、閉め切った部屋の空気質

換気の機能しない閉めきった寝室はアレルギー症状を悪化させます。

いま空気が一番汚染されているのは実は室内 ダニやカビが昔よりずっと多い!

ハウスダストと換気の風量不足とくに排気風量不足はやがて大きな不満とストレスになります。

そして建物寿命』のネックはなんといっても防湿層』 防湿層の選択を誤ると!

完成した時の自慢と満足が、10年後の憤りと後悔‥

優れた数値や各種の制度や基準が、その救済に役立つものではなかった。

シートの施工不良が招くトラブル。薄いシートに完璧さを求めるのはあまりにも"非現実"

できないのです。多くのビルダーも大工さんも現場監督もここは十分に承知しているハズ

ですが、困ったことに建築基準法は防湿層の完璧さを条件付けていません。

つまり、結露による腐食が進行しても造る側に責任がありません。結露被害は瑕疵担保責任の対象外なのです。

建物寿命が短くてもしょうがない、なのでしょうか? 素直に外断熱にすれば防湿層は解決するというのに!

シートの施工不良や誤用があって威力を発揮できない防湿層、日経ホームビルダーより

●外断熱を伝える朝日新聞「天声人語」

構造内部の結露被害を防ぐ方法として外断熱という耳慣れないことばを聞いた

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全138ページ中)

ページトップへ