社長ブログ

社長 自己紹介へ

ハイレベルな住み心地(amenity)は空気をデザイン

以下、ダイキンの『空気をデザインする』より

無限に広がる空気のデザインの可能性

人と人の間にある空気を"見える化"すれば、

ギクシャクした人間関係やストレスフルな社会をスムーズにしたり

遠出をしなくても大自然の清々しさを自宅で味わえたり

さらには、親子のぬくもりを伝えることで育児のサポートにつなげられたりと

空気によってもたらせる体験や感動、新しい可能性は考えれば考えるほど、

無限大に広がっていって、ワクワクしますね。

ダイキンデザインは、それらを一つひとつ見える化、具現化して、届けていきます。以上

 

 

室内空気は日々の暮らしに大きな影響を及ぼす。

空気によってもたらせる体験や感動の空気ならば、そのキレイな空気は『保障』されなければなりません。

ひたすら室内空気に取り組み、換気メーカーの換気装置を20年も検証してくると

メーカーのカタログを全く信用できなくなる。キレイな空気の現実は臭いで判断できます。

窓を締め切った部屋の臭いが2時間以内に消えるか否か?

もし臭いが一日中消えなかったなら換気が機能していません。いま室内空気の問題は在宅介護の臭い! 

介護の臭いに対応できる換気となると、大容量、大風量の換気が必然となる。

大容量の本格的換気は建物と一体で開発しなければ不可能です。建物と一体で開発するとは?

下の写真のように建物中央に太いダクトを設ける。すると未解決な空気抵抗の問題が全て解決し

キレイな空気を保障できます。建物の壁内と天井裏は狭すぎて、どんなに優れた換気装置でもダクト工事が難問なのです。

これは日本だけではなく、世界共通問題でイギリスには狭い壁内用に写真のような扁平ダクトがある

またターダクト換気を研究しているメーカーが数社あり、すでにドイツや中国に輸出している。

只今、群馬県で建築中の涼温な家、センターダクト設置終了

センターシャフト設置

 この上ない住み心地(amenity)は空気のデザインを提案する。

主婦が輝く家 さらに「いい家」を求めてより抜粋

真冬の朝、ベットから起き出すことが少しも苦ではなく、薄着で過ごせるので肩こりも少なくなる

熟睡できるし、朝の目覚めも良くなる。これからの高齢化・在宅介護の時代には

そのように主婦の心身に負担をかけない家が望まれる。以上

 関連記事

●体調が良くなり、熟睡できるようになった。

完成後三ヶ月経過、毎晩15回も寝起きを繰り返していたお母様が、熟睡できるようになった。

車イスでも快適に過ごせる介護仕様の『涼温な家』

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全139ページ中)

ページトップへ