社長ブログ

レンジフード換気扇の問題(Ⅱ)

社長 自己紹介へ

体感ハウス(Ⅱ)の玄関ドアーを開けるときに妙に重い‥

その原因を探ってみると‥レンジフード換気扇を「弱」運転でつけっぱなしにしていた。

レンジフード換気扇は同時給排気型と言って、排気と給気を同時に行う‥

排気だけでは建物内が負圧になり玄関ドアーを開けるときに重くなる、そのため

外気を取り入れる給気を同時に行い負圧を防ぐ、高気密住宅に対応する換気扇なのですが

それがなぜ玄関ドアーが重くなったのか?それは排気と給気が同じ風量ではなかった

給気量は排気量の半分ほどでしかない‥長い間、高気密高断熱の家に携わってきて昨年初めて知った。



涼温な家に住む換気研究家は、換気メーカーはレンジフード換気扇を何とかして欲しいものだ‥!

関連記事●レンジフード換気扇と24時間換気の問題…
換気メーカーのカタログには高気密住宅にお勧めのレンジフード‥と書かれていても
高気密住宅に全く考慮されていない‥玄関ドアー開けるときに重くなる。
その原因は同時給排気型とはいっても、排気に等しい外気を取り入れるのではない
同時給排気換気が付いていればそれでいいというものではない。
換気メーカーは、レンジフード換気と24時間換気を何とかして欲しいものだ‥

換気研究家は涼温換気による世界NO1のデマンド換気に取り組むそうです。

 ここで問題は換気メーカーのカタログには高気密住宅にお勧めのレンジフードと書かれていること
一般の人はご存じないでしょうが、換気メーカーのカタログとはそういうものです。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全118ページ中)

ページトップへ