社長ブログ

室内空気には大きな開き『大差』がある

社長 自己紹介へ

住んでみるとよく分かることは、住み心地を決めるのは空気感』なのである。

残念なことに、住宅の真価を知らずして一生を終えてしまう人はあまりにも多い。

以上、家に何を求めるのかより

住宅の真価を知らずして、一生を終えてしまう人があまりにも多い。

ここ理解して欲しいものです。

新築後、温度差と結露とカビに悩みつつ、どこでもこんなものだろうね…

といった声をよく聴きます。弊社に見える銀行の担当者は7年前に新築した

その担当者は、本を読んでから建てればよかったかなぁ?でも建ててしまった人は読まないでください。

ショック受けますから、本との出会いがなく、上質な住み心地を知らなければ生涯の損!

家の住み心地と空気感に、これほど大きな開き『差』があるなど、ひと昔前は考えられなかった

高級なホテルライクな暮らしは現実です。

●新換気の特筆すべき3つの特徴

 住み心地体感ハウス⑴は17年目になる。涼温な家にリフォームしたのが7年前

自然共生型住宅からのリフォームなので、その空気の違いを住みながら肌で感じてきた。

体感ハウス⑴にはやや広い庭があり、今年は気分を変えガーデニングチェアを白ペンキで塗ってみた。

 夜間はこんな感じ、手入れは大変だけど庭はいいものです‥植物には癒されます。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全132ページ中)

ページトップへ