社長ブログ

外断熱と内断熱の違いを知るのは困難ですか?

社長 自己紹介へ

リクルート、スーモカウンター

SUUMOスーモカウンターと外断熱

スーモカウンターの担当者は営業の方法、フォローの方法を「伝授」してくれたのだが、担当者は

普通の人に外断熱と内断熱の違いを理解してもらうことは非常に困難ですよ…

多くの人は構造に関心がありません。

涼温な家は一部のエリート層にしか理解できないのでは? 以上

多くの人は構造に関心がなく、外断熱と内断熱の違いを理解してもらうことは非常に困難…ですか?

家造りに失敗する原因は断熱方法に無関心、構造に無関心、換気に無関心にあるのでしょうね

 ●なぜ90%の人が家造りに失敗するのか

 

●工務店の責任は重大、換気とは何ぞや

イージーな換気システムが増えてしまった。どうして国や役所は指導しないのだろうか(日本住宅新聞)

●外断熱は省エネだけではない。外断熱を伝える朝日新聞「天声人語」 

窓のように見える結露よりも、壁の内側の見えない結露の方が問題が大きい。
そうした内部結露を防ぐ方法としての外断熱工法。

●100㍉断熱の損と得、まさかまさか家が腐る。

断熱の方法、この実状を知るべきです。もし多くの造り手が

壁内の結露被害について、知りつつも知らないふりをしているとしたら?? 

工務店向けの情報誌「日経ホームビルダー」では壁体内の結露被害を何度も訴えているので

家造りに携わる経営者なら下の写真を知らないはずがありません

知りつつ害を成すな!知らずに害を成すな‥ですね 

 北面の蒸れた壁内は乾きにくい‥洗面室や浴室のカベ内部が湿気で蒸れていても

下の写真のように見えることは滅多にありません。

内部結露は温度差で生じるので壁・屋根・基礎を風呂敷のように外断熱でスッポリ包む

そして構造内部の湿気を居室同様に機械換気で排出する。

[木工事]TIPライトラップ

[断熱工事]外張り断熱と気密作業完了

構造に関心がなければ気付かないかもしれませんが

内断熱=充填断熱で内部結露を防ぐ確かな防湿層を造ることができません。

内断熱の研修を受けた大工さんたちは、内断熱の防湿層は複雑でどこもやれない、やっていない施工だ‥

●内断熱のシートによる防湿層は非現実

●内断熱工法は木材の通気性なくし、木の長所をなくす。

もうひとつ家造りに失敗しないためには本格的な換気を知ることです。

●換気は大きな空気清浄機であり酸素の供給源

換気の主たる目的は酸素の供給です。涼温換気の風量は一般的な換気と比較すると桁外れに大きく

その量』大きい。 以下、体感ハウスの女性スタッフは

自宅にいた今朝までの体調とは明らかに違って、身体も頭も自然に動き出しているではないですか!?

やはり、キレイな「酸素」を吸うことは、万病をも遠ざけるのですね。以上

●車イスでも快適に過ごせる介護仕様の『涼温な家』

毎晩10回以上も寝起きを繰り返していたお母様が、熟睡できるようになった。

  

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ