社長ブログ

なぜ?90%の人は家造りに失敗するのか。(Ⅲ)

社長 自己紹介へ
2019/05/17(金) 気密と断熱

新緑の5月ですね、体感ハウス玄関のバラも今が見ごろ、体感ハウス(Ⅰ)から(Ⅱ)を見る。

家造りの業者選びは難しいでしょうね、ご夫婦そろって好みが一致することも稀でしょうし

鹿島市で来月着工する「O」様は、お二人とも迷わずに「涼温な家」で確定、これしかない!でした。

 完成予想外観パース

この仕事に長く携わってきて、家造りに失敗する原因は断熱方法の無関心さにあるとみている。

多くの女性は外壁の内側にあるのに、なぜ外断熱というの?というレベルらしい

新築前に断熱材を見たこともなく、断熱方法を考えたこともない。

断熱方法さへ失敗しなければ、省エネで冬暖かく、夏涼しい家に暮らせる、

断熱方法に間違いがなければ後からどうにでもなります。

なぜ?90%の人は家造りに失敗するのか。市村博著 以下、本より抜粋 

大手ハウスメーカーの言うがままに建てて満足することは稀です。

欠陥商品の家に我慢して住んでいる人ばかり‥以上

断熱強化で付加断熱をする場合は外断熱の高気密が絶対条件

そうすれば綿状断熱材をギューギューに押し込んでも内部結露の心配がありません。

●断熱と気密、断熱ラインに注目
住宅会社を選択した理由は営業マンとの相性だった。90%の人は家造りに失敗をする

完全 外断熱工法        内断熱(充填)工法

外断熱のラインは、基礎・壁・屋根の外側を結んだところにあります。

床下・壁の中・小屋裏・もすべて居室と同じ環境になり室内が広く利用できます。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧|気密と断熱

3ページ (全15ページ中)

ページトップへ