社長ブログ

社長 自己紹介へ

24時間換気システムの『欠点』と失敗

自宅を新築して初めて気づいた、24時間換気システムの欠点

20年前に設置した24時間換気はただ回っているだけで、換気していない名ばかり換気でした。

つい最近も24時間換気に失敗、体感ハウスに試験的に付けたドイツ製のダクトレス換気

外気音が想像以上にウルサく、冷たい風も入る。静かだった和室が使用不可になってしまった。

引き違いサッシは、樹脂サッシでも10年を過ぎる頃に、引き違い部の摩耗によりすき間ができる。

その隙間からは、外部音(車の音)が侵入し、部屋の中がうるさくなる

そのために、二重サッシにしたというのに‥和室が車両音でうるさくなり、室温も下がった。

関連記事

●水戸市に「SA-SHEの家」を新築したO様からのお便り

私の希望する優れた『換気装置』を有している工務店は

ほとんどありませんでした。

家造りの専門家が、換気メーカーが、まるで分かっていない。

何で? 何で? でした。

この換気装置の問題点を、全てクリアしているのが“SA-SHEの家”であった。

●24時間換気を全く信用していない、建築を教える教授

ほとんどの換気システムは、空気の流れが途中で止まっています。

●臭い混合防止の原則を無視する風量不足な換気

不快な臭いを室内にばらまくことになってしまう。

臭いだけでなく、インフルエンザの咳も他の部屋の空気に混じってしまう…

●初めて知った本格的な『24時間換気』のある暮らし‥

●本当は知らない空気汚染の危険

 

家の中には空気を汚染する物質があふれています。そして

人々の体を確実に蝕んでいるのです。 寝ている間にもホコリが‥

関連記事

●キレイな空気を保障してくれますか?

◆家造りはこの質問から

●家にこそマスクをつけるべきだ‥

なぜ家にもマスクをしないのでしょうか? それは

家の中には不都合なものが侵入しないという、
思い込みがあるから!

記事一覧

1ページ (全146ページ中)

ページトップへ