社長ブログ

社長 自己紹介へ

基礎断熱のシロアリ防蟻方法は、大きく分けて二通りある。

だから「いい家」を建てる。

だから「いい家」を建てる。

基礎断熱のシロアリ防蟻方法は二つある

一つは、基礎の周囲に薬剤による防蟻ラインを構築する。

もう一つは、薬剤を使わずに物理的に防蟻する。前者は比較的に安価で施工をすることができるが

薬の持続効果は5年程度とされている。

そこで、物理的な防蟻方法が求められるのだが、それには主なものが三つある。

一つは防蟻性のある薬剤を混入している断熱材を用いる。

二つは防蟻性のある素材で断熱材で保護してしまう。(ターミメッシュ工法など)

そして三つは、シロアリの食害を受けない断熱材を用いる。

これまでに建てられている外断熱の家で、もっとも多く用いられているのが一番目の方法である。

費用が比較的に安く、施工が簡単なので用いられているのだが、防蟻性については問題視されている。

二番目の方法はターミメッシュフォームシステムだ。

基礎断熱のシロアリ防蟻方法は二つある

施工が完璧であれば半永久的に防蟻効果が得られるので信頼性は高い。

問題はコストと施工の難しさにある。

三番目の方法は、1部上場企業のJSP社が開発した ミラポリカという製品名の断熱材を用いるものだ。

基礎断熱のシロアリ防蟻方法は二つある

蟻害なしミラポリカ断熱材

唯一蟻害なしのミラポリカ断熱材、断熱材の接点を特殊樹脂硬化剤でカチカチに固める

その防蟻性能は、京都大学の今村研究室及び他の研究機関で検証され、
木材保存協会の認定を取得している。

どんな薬剤入り基礎断熱材でも効力期間がある。写真は6年目に貫通されたホウ酸混入断熱材

 貫通されたホー酸入り断熱材

●シロアリ防蟻は完璧に!専門業者の意見はまちまち‥

記事一覧

1ページ (全148ページ中)

ページトップへ