社長ブログ

社長 自己紹介へ

床下、黙して語らず

2020/12/03(木) 空気と換気気密と断熱

「涼温な家」に住む女性スタッフが床下を語っています。

床下は空気がよどみやすく

湿気が溜まる場所だということは、みなさんご存じだと思います。

湿度が高いとカビ・結露・ダニの原因になります。

そんなものの上で生活したくないですよね。

重要なことなんですが、どの住宅メーカーもあまり床下のことには触れていません。

床下の様々な工法による不具合は、インターネット上で沢山見かけまずが、

なぜか社会問題にならないのですね・・・

それを防ぐ方法があるのに、世の中に広まらないので、もどかしさを感じます。

以上

写真は「日経ホームビルダー」より

床下換気の様々な工法による不具合の事例

従来からの基礎は、打ち継ぎ部が弱点。

基礎打継ぎ部の欠陥

マスコミは黙して語らず

写真のように基礎打継ぎ部は、基礎の上塗り(数ミリのモルタル)で隠れています。

打継ぎ部は上塗りで見えない

●超大手メーカーの基礎現場

基礎に水抜き穴を設けてはなりません(赤丸)

やがてシロアリの侵入経路になる。

シロアリ侵入3つの原因、⑴基礎の打継ぎ部、⑵水抜き穴、⑶給湯器の基礎

●床下に大量結露、家はここから朽ちていく

現場検証、大量結露が考えられる原因として

通常以上の水の供給源、窓の性能、換気不足

原因はやはり床下の 換気不足だった。24時間換気が部分的でしかなく

メンテナンス不足により性能低下を起こしていた。

換気メーカー担当者は、いまの住宅は高い気密性が前提となる。

気密の高い住宅で、24時間換気がきちんと機能せず

結露を招く相談事例をたくさん見てきた。以上

●家屋の最重要課題…それは換気

涼温な家の床下は居室同等に換気され、一体型基礎は床下に湿気を侵入させません。

強固な防湿基礎ともいい、桧板を張ると寝具でも収納できる。

涼温な家の『床下』を利用する 茨城・都内近郊 外断熱 吉建ホーム

●基礎の打ち継ぎ部を無くせ!水染みのない一体型基礎

新潟地震では、基礎打継ぎ部がズレル事例が多発

 フォトギャラリー

●大地震に備えた基礎下減震システムの『涼温な家』

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ