社長ブログ

社長 自己紹介へ

24時間換気の盲点は「換気」を知らない設計士

デザインセンスに優れ、経験豊富で優秀な建築士が『換気』の知識がどれほどだと思いますか?

一般的な設計士は意匠設計士と呼ばれ、換気の正しいアドバイスはできそうで、できません。

私自身も「いい家」をつくる会。で換気研修を受けるまで、情けないほど換気を知らなかった。

換気は建築士や工務店経営者にとって全く異なる分野、畑違いの分野なのです。

始めて換気研修に参加した多くの設計士は講師(石井氏)の話を3割も理解できなかった。

多くの設計士は換気の専門用語すら知らないことに初めて気付かされたのです。

なぜなら建築士は換気の専門教育を受ける機会がありません、ほとんどないといっていい。

そのためビル空調に携わる設計士と違って、優秀な一級建築士でも換気の知識は限りなく乏しい

本格的な換気簡易型換気の違いも知りません。本格的換気の存在も知らないことでしょう。

建築知識と換気の知識は全く別部門なのです。

それでも一級建築士は立場上「知らない」とは答えません。優秀な設計士の盲点は換気!!

いま、気密の良くなった住宅はハウスダストシックハウス症候群が最重要テーマです。

イラストは「住宅と健康」早川潤一著より

換気の優劣で住む人の健康が変化するといっても良い。換気とは『キレイな空気』

換気は自らが住みながら、比較体験をしなければ正しいアドバイスはできません。

弊社の体感ハウスではカナダ製の換気を含め、20年間 換気メーカーの換気を検証してきた。

換気問題は音と風量‥音は昼ではなく深夜に気づく

換気メーカーの換気装置は『風量』が小さい。メーカーの換気装置は簡易型換気と呼ぶものであり

本格的な換気装置ではなかったのです。

 住宅に広がる空気汚染物質

ダニの死骸やカビの胞子、微生物、チリ埃、繊維のくず。

他に消臭剤、防虫剤、難燃剤、接着剤、防腐剤、数え上げたらキリがありません。

●センターダクトから吹き出す空気は驚異的にキレイ

 

《SNSもよろしくお願い致します》                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

LINE@を登録すると、見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などを無料でお届けします♪LINEからご質問・お申込みもカンタン♪

 友だち追加 

  

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全141ページ中)

ページトップへ