社長ブログ

結露!どこでもこんなもんだろうね…とあきらめていませんか

●住み心地証言
「いい家」の本に私たちの“望む家”がありました。

結露に悩まされていて、この悩みを改善した家に住みたいと考えていたところ…

「いい家」が欲しい。この本に出会った

新しく家を建てた友人は、床がブカブカになってしまうほどの

結露に悩まされていました。

新築なのに結露に悩まされますか? 結露被害は想像以上に多いと思う!!原因は

造る側が初めから結露を重視していないか、または重要視しつつも

対策が中途半端なのか? 新築して間もないのに年中窓を開ける理由は

結露だそうなので”注意” 

雨漏りは乾くけれど‥結露は始末が悪い、日々毎日濡れます!

北面の構造内部‥壁内は乾きにくい、ところが外壁を止める板に隙間があり

下のように見えることは滅多にありません。

問題は上の写真が弊社の近くに建つ、最も知られている超大手の建物だということ!

長期優良住宅と認定されても、結露被害は『瑕疵担保履行法』の対象外

結露で腐っても保証してもらえません。なので結露対策は完璧でなければならない‥

●まさか?大量販売を優先し、耐久性が短いことを密かに歓迎…

強耐震TIP構法は大地震に強く‥結露対策として抜群に相性が良い。

 

TIP構法+水を含まない外断熱で、外気と構造内部の温度差をなくし結露を防ぐ。

 室内空気の動きが止まっていると結露します。

結露防止には緩やか~な空気の流れが必須になる。ココ極めて重要

センターダクトシステムは肌で風を感じなくても、天井の排気口に向かって

確かな空気の流れがある。室内空気は排気の力に引っ張られ

どこにも空気溜り』がなく空気は動いています。構造内部も居室同様に換気する

本格的な換気は除湿効果が高く、カナダでは除湿効果のない熱交換換気は使用禁止

●同僚が建てた建物を数社に絞って徹底して比較されたお客様

結露?どこでもこんなものだろうね、と話す同僚に‥納得できなかった。

他社をお断りするときは苦労されたそうです…家造りへの努力、ご立派です。

息子のハウスダストアレルギーが目立って楽になりましたよ。

●ホテルライクな暮らしが現実になる

高級ホテルの空気は汚染空気が混合しないよう、明確に分離され清浄空気に処理される。

そこでは涼温な家と同じように、発生した汚染は混合されずその場で排気される。

 

 住み心地の良さに‷感動‴した!

千葉県四日市に昨年完成のK様はホテルに住んでいるようで自分の家じゃないみたい

室内空気を競う時代‥ルームエアコンの汚染はタバコ同等の害がある。

全館空調の空気問題? ネットで見つけた記事より

全館空調は埃まで一緒に常に飛んでいます。子供が風邪をひきやすくなった。

もう一度マイホームを建てたいな

記事一覧

1ページ (全150ページ中)

ページトップへ