社長ブログ

社長 自己紹介へ

セントラル空調、換気装置の難問

以下「涼温な家」本より抜粋 エコ住宅専門家である東大の准教授のご意見。

エアコンは本来、高効率で設置費用が安く

コストパフォーマンスに優れた冷暖房設備です。

実際、高断熱高気密の家(Q値1.9程度)であれば

2~4㌔ワットのエアコンで全館空調ができます。

 ただしエアコンは吹き出した空気を遠くまで届ける能力がありません。

ダクト付のセントラル空調に対応したコンパクトな「容量エアコン」が出てくれば

家全体を少ない電力で空調できます。

現状では小さな熱量を効率よく各部屋に分配する

ダクト式セントラルエアコンがありません。以上

ダクト式セントラルエアコンとは、

建物の1箇所に設けられた装置から、各部屋に冷暖房の空気を送る方式のこと。

各部屋へはダクトやパイプでつながれるため、ダクト式空調ともいわれている。

数年前と比べると、セントラル空調が数多く出回っていますが

一般の人がその善し悪しを判断するのは難し過ぎる。

機械が複雑で難解なセントラル空調。それに比べ涼温な家の仕組みがシンプル

換気が主」でエアコンは「従」 

他のいかなるダクト式セントラル空調よりも間違いなく空気質が勝っている

アメリカで主流になっているセントラル空調も空気質が問題視されているようだ。

つい最近まで3軒に一軒は喘息で悩む人がいると聞いていたが

今どうなのだろうか?

以下、ネットで見つけたマツミハウジングアメリカアメリカ西海岸の新築住宅視察では

換気装置を探したが見当たらない。営業マンに尋ねたところ

セントラル空調方式なのだが換気システムがなく

室内の空気は、ただ循環しているだけだと言う以上

アメリカのセントラル空調に換気システムがないとは?喘息患者が多いわけだ‥

日本でもセントラル空調換気システムに注目すると

カタログをみる限りその多くは換気装置とフィルタ―の維持管理に難」がある。

どんなに優れた装置でも換気フィルター清掃の容易性、アクセスの容易性がなければ

フィルタ―清掃が面倒になり、やがて空気が汚れます。

高額なセントラル空調の家に暮らし始めてから空気の悪さに気付いても手遅れ

くれぐれも‷注意‷です。

世界で5万人の社員を抱える一部上場の経営者も『涼温な家』に住み、

そのシステムを絶賛されている。

●涼温換気の仕組みがシンプルだ‥

単純明快がいい、合理的で解りやすい、それが本物だ!

●エアコン一台による冷暖房のクレーム

裁判事例もでているので注意… 換気風量不足で空気が建物の隅々まで分配できない

●セントラル空調の空気を比較する

窓を閉め切って臭いが消えるまでの時間で空気質=換気能力を判断できます

●全館空調ハウスと「涼温な家」の違いは‥?

下は20年前に訪問したダラスの住宅。当時からアメリカでは窓を開けない暮らし、

全館空調だった。20年前はデザインに圧倒され室内空気にまで考えが及ばなかった

換気の権威者である換気の講師は全館空調は空気質からいってほとんど失格だと言う。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全143ページ中)

ページトップへ