社長ブログ

ペリメーターゾーンの排気口

社長 自己紹介へ

体感ハウスでグリーンテラスと呼ぶ大きな「吹き抜け空間」

好きな場所ですが、ペリメーターゾーンの影響で他の部屋とは温度が違う

『窓際などの外気の影響を受けやすいエリアのことをペリメーターゾーンといいます。』

ここはもともとテラスで外部だった。ところがテラスやバルコニーは音がうるさく

全て塞いでしまった。車の騒音には耐えられません。

 涼温な家はペリメーターゾーンに排気口を設けると温度差を解消できる。

センターダクトから排気口までの距離が短く排気が強いため、暖められた空気でも確実に動く

暖められた空気を万遍なく、隅々まで運べる換気装置がそうあるとは思えない。

以下、前真之著「エコハウスのウソ」より抜粋

空気は比熱が小さく、運べる熱量もごく限られている、

なにしろ空気の比熱は水の4000分の一しかないのだ。

よって空気で熱を運ぶのには、「非常に大きな風量」が必要になる。以上

 それでもやはり窓は小さめがお勧め、ペリメーターゾーンが少ないに超したことはありません。

大窓の多い体感ハウス⑴と窓小さめの⑵を比較すると、温度設定が同じでも1℃の違いがある。

1℃の差は一般の人が想像する以上に大きい。

 

●TVのCM、暖かい部屋の暖気を脱衣所にシェアする

イラストをみるとダクトの中に中間ファンらしきものを設けている。
中間ファンはモーターがうるさい‥そう簡単に静かに空気熱は運べません。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全134ページ中)

ページトップへ