社長ブログ

義務化された24時間換気は『最低限』のもの‥

社長 自己紹介へ

夜間はムシムシと相変わらず湿気が高い。今年はホントに湿気が高いですね

以下、本当は知らない空気の汚染 仁科剛平著 より

空気汚染による病気は症状がでるまで、あるいは症状がでてからからも、

その原因に気付くことすら難しいのです。

空気の汚染と言ってもなんとなく実感が湧かないのは、汚染が目に見えないだけでなく

誰もが同じ空気を吸っているのだという安心感と、

大気の汚れに個人が対処しようがないという諦めがあるかもしれません

しかし、自分の家の空気をきれいにするというのなら個人でもできます。

換気については ●キレイな空気を手に入れるにはまず換気から 

24時間換気とは建築基準法によって定められている換気基準で、

気密性が高くなった現在の住宅において

よどみやすくなった空気を入れ替えようという最低限のものです。

これは、2時間以内に室内の空気をが全部入れ替わる能力システムの設置を義務づけるものですが、

やはり空気の汚れを感じたら、2時間もまたずに窓開け換気をするように心がけましょう。

特に、夏や冬、冷暖房で長時間室内を閉め切った状態にした後は、

窓を開けて空気を入れ替える必要があります。以上

24時間換気は空気を入れ替えようとする最低限のもの、窓開け換気をするよう心がけましょう‥とある、

そのとおりですね、24時間換気を比較してみると最低限のものであることに気付きます。

ところがココに気付くには長~い時間と費用が掛かる
センターダクト換気と出会うまでなので、20年もかかった。

●窓を開けない暮らしと、窓を開けざるを得ない暮らし‥

窓を開けない暮らしが普通になったな!とは、つくばみらい市の「Ⅿ」様

お隣さんも新築したばかりだけど年中窓を開けて換気してるんだよ‥

ウチは全く窓を開けない生活が普通になったなあ、洗濯物も外に干さなくなったし(笑)

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ