社長ブログ

社長 自己紹介へ

ヨーロッパの先進国を超える世界NO1の家造り

涼温な家 目標は北欧・ヨーロッパ先進国を超える世界NO1の家造り

以下、弊社の涼温な家』を整理してみると

弊社の自負するのは、高気密な断熱性気密性能はⅭ値0.15前後

気密のない断熱は偽りでしかない。断熱の隙間をなくせ‥!

水蒸気はわずか4㎠程度の隙間が、なんとひとシーズンに30㍑もの水を発生させます。



⑵換気の熱交換率これからの省エネは換気の熱交換率が問われます

熱交換換気は北欧・ヨーロッパでは省エネの常識‷

また涼温な家と同じように、エアコンと換気ドッキングした空調システム多い

換気の熱交換率機器大きさに比例して良くなります。

エアコンと換気がドッキングすると冷房がマイルドになり

センターダクトの給気は音と風を感じない。高級ホテルの暮らしが現実になります

換気回数はホテル同等の1.0回/h以上 四街道に2021年4月完成のK様は

ホテルに住んでいるようで、自分の家ではないみたい‥!

⑷建物を湿気・結露・カビから守る正しい防湿層を知ってください。

水を含まない外断熱の高気密は施工が簡単で安全な
最も安心できる
防湿気密層 なのです。
イラストは翻訳本「住宅と健康」より

ところが大手ハウスメーカーを含め多くの建物
価格が安く手間のかからない防水シート
防湿層を託しています。しかし
10年過ぎる頃に
シートは機能していないとしたら?充填断熱はカビで真っ黒に変色!

スウェーデンからフィルムの耐久性ショッキングな報告

必要換気量を満たす24時間換気はわずか4%の普及でしかない

白蟻防蟻性のある基礎の外断熱は外断熱+内断熱を可能にし省エネをupさせる。

シロアリ薬剤使用禁止、白蟻防蟻ミラポリカMP工法

熱橋とはヒートブリッジ、木もコンクリートも断熱材ではない

熱橋と防湿層は環境先進国の共通課題

●完成後の断熱層と防湿層、気密どれほど隙間があるか?

お施主様立会いの気密測定検査、住み心地を大切にする住む側と造る側の
合意の
現場検証である

 

 

記事一覧

1ページ (全148ページ中)

ページトップへ