社長ブログ

社長 自己紹介へ

日本の断熱・気密性能は先進国で最低水準

以下、ネットで見つけた記事より

我が国の一般的な住宅の気密・断熱性能は先進国で、

ダントツで「最低の水準」に留まっていることをご存知でしょうか?

例えば、日本の住宅では、冬に結露が生じるのが当たり前ですが

欧州では、結露が起きると施工者は責任を問われてしまいます。

つまり、結露が生じることのない気密・断熱性能が要求されているんですね。

それくらい、要求されている「気密・断熱性能」のレベルが違うんです。

以上

日本の気密・断熱の測定検査基準が他の先進国よりも、かなり低いレベルにあることは知っていたが

欧州では施工者が「結露被害責任を問われる!とは、知らなかった。 当然と言えば当然ですが

日本ではなぜか?結露被害は瑕疵担保責任保険の対象外!つまり造る側に責任がなく、

自然現象扱いになっている。弊社では断熱と気密は一対であり『密のない断熱は偽り』として

約30年間 気密・断熱性能結露対策に取り組んできた。

多雨多湿で結露被害が多いにも拘らず、結露対策にあいまいな住宅安普請な家』が増えている。

他社の誹謗中傷は言いにくい、ところが実はたいへん勇気のいることなのです。

よほどの確信がなければ実名をあげて本に書くことなどできません。

以下、関連記事

高気密・高断熱な家が目指す四つのバランス

●気密・断熱性能の信憑性!

先進国の断熱気密「測定検査」の負圧は50パスカル、日本の負圧は10パスカル、日本の5倍圧をかける‥

●家の耐久性が短いことを密かに歓迎?まさか

業界のオピニオンリーダーである大手ハウスメーカーは大量販売を優先し

家の耐久性が短いことを密かに歓迎する。

以下、だから「いい家」を建てる。本より抜粋

グラスウール断熱材は湿気をおびたり、濡れると性能が極端に落ちてしまう

それを防ぐために防湿・気密層を完ぺきに施工する必要がある。

「完璧な施工」そんなことは現実は不可能だと思うのだが

スウェーデンハウスや三井ホームは全国に建つすべての家で実行しているという。』以上

グラスウール断熱材の完璧な防湿・気密層は全く非現実

グラスウール断熱の防湿マニアルは非現実、完璧な施工はできません複雑すぎる。

●構造内部の『結露』は必ず起きる

●家の耐久性が短いことを密かに歓迎?⑵

大工さんとのミーティングでよく話題になる結露による腐食

大手メーカーの断熱の気密不良はヒドイけど、もっとヒドイのは屋根だよ…10年もするとブカブカ

大工さんたちとミーティング

●断熱材入りパネルの接続部‥隙間を知る

断熱材入りパネルは地震を繰り返すうちにパネル接続部の隙間が広がってくる。

 ●ぶっちゃけた話、吉建さんが一番‥気密検査(C値)

気密・断熱の測定をする気密測定業者

 壁内を計量的に計画換気して「内部結露」を防ぐ!多雨多湿に強い涼温な家

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全141ページ中)

ページトップへ