社長ブログ

社長 自己紹介へ

省エネエアコンのカギは断熱と気密性能

2021/01/09(土) 気密と断熱

「エコハウスのウソ」前真之著 コチラの本エアコンの仕組みと

建物に断熱・気密がなぜ重要なのか解りやすく書かれている。

エアコン究極の暖房器具

エアコンは発電所で燃やした燃料の2倍の熱を移動させることができる。

ガスや石油機器では燃料の燃料分「効率100%」を超えることは絶対にできない。

エアコンはやはり省エネ最強なのだ。

 エアコン暖房の生命線は『断熱気密』にある、気密が暖房の

気密なしでは換気も効果半減。 

エアコンは吹き出し温度が低ければ低いほど、風量が強ければ強いほど省エネ。

風量が大きければ大きいほど、吹き出し温度が低くなり

断熱性能が良くなるほど吹き出し温度も低くなる以上

センターダクトの特徴は換気とエアコンがドッキングした大風量

大風量にもかかわらず気流を肌で感じません。

PACエアコンの「弱」運転は8畳用エアコンと同程度の出力。

8畳エアコンで全室冷暖房が可能になる。

以下、「エコハウスのウソ」 より

断熱性能が良くなるほど、吹き出し温度が低い。

断熱等級3 断熱等級4 HEAT20G2の断熱性能を比較すると

関連記事

●吉建の自負するところは、断熱・気密性能

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ