社長ブログ

省エネエアコンのカギは断熱と気密性能

社長 自己紹介へ
2019/05/30(木) 気密と断熱

「エコハウスのウソ」東大准教授、前真之著 
コチラの本エアコンの仕組みと建物に気密がなぜ重要なのか解りやすく書かれている。

エアコン究極の暖房器具

エアコンは発電所で燃やした燃料の2倍の熱を移動させることができる。

ガスや石油機器では燃料の燃料分「効率100%」を超えることは絶対にできない。

エアコンはやはり省エネ最強なのだ。以上

 

「エコハウスのウソ」では
エアコン暖房の生命線は外皮の「断熱気密」にある気密が暖房の気密なしでは換気も効果半減。 
(家の
外皮とはビルディング・エンヴェロープとも言い、内部と外部の境界、断熱材の気密性能

エアコンは「吹き出し温度」が低ければ低いほど、風量が強ければ強いほど省エネ。
(エアコンが高温な熱をつくるにはコンプレッサーを高圧に圧縮しなければならず、そのぶん増エネになる)

「断熱性能」が良くなるほど吹き出し温度が低い。断熱等級3 断熱等級4 HEAT20G2レベルの断熱性能を比較すると

以下、「エコハウスのウソ」より

★エアコンは風量が大きいほど省エネ。風量が大きければ大きいほど吹き出し温度が低くなる

風量によって吹き出し温度が48℃~27℃と違う。

センターダクトの特徴は換気とエアコンがドッキングした大風量

大風量にもかかわらず気流を感じない…空気に詳しい専門家や技術者に絶賛されるセンターダクト

PACエアコンの「弱」運転は8畳用エアコンと同程度の出力。8畳エアコンで全室冷暖房が可能になります。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全122ページ中)

ページトップへ