社長ブログ

これからの住まいは『感性』の時代

社長 自己紹介へ

エアコン一台と換気を組み合わせた全館空調システム。住まいは一昔前とずいぶん変わりましたね‥

窓を閉めたホテルライクな暮らしが現実になっています。

いまエアコン単独では快適になりません。換気と組み合わせて初めて快適な暮らしになる‥

換気装置がどんなに優れていても、空気がキレイになっても、快適にはなりません。

体感ハウスでは一年を通じてエアコンをOFFにするのは夜間だけ、稀です。

日中はエアコンと換気を組み合わせたマイルド涼温な住み心地。

ココを理屈で理解するのは難しいですが、体感ハウスでは感性』で判断できます。

弊社、二棟の体感ハウスのテーマは住み心地、ですから住み心地体感ハウスと言います。

「住み心地体感ハウス」は商標登録されていて、ii-ie.com 会員以外は使用できません。

これからは感性の時代 以下、久保田紀子著 さらに「いい家」求めて。より抜粋

住み心地の質感に敏感な人たちは、空気が気持ちよい

暖かさ・涼しさが肌に合うというような感性価値を大切にします。


「省エネ性は快適を保証する」という省エネ至上主義的な論調が目立ちます。

私は、そのような決め付けは極めて短絡的で乱暴だと思います。

住まいにとって、省エネ性は必要条件ではありますが、十分条件ではありません。

設備の高効率化を図り、太陽光発電を装備し、ゼロ・エネになったとしても

住み心地が向上するとは限らないのです。

住まいの価値は、住み心地のクオリティー(質)で判断されるべきです。以上

さらに「いい家」を求めて

●『住み心地』を数社に絞って徹底して比較したお客様の声

夏の涼しさや冬の温かさ、温度差や結露にしても、どこでもこんなものだろうね‥そう話す人に
そんな筈がない‥! 温度差のない、もっと快適な家が必ずある筈だ。と 決して妥協しなかった

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全130ページ中)

ページトップへ