社長ブログ

いま人気のデザインにこだわる。Ⅱ

社長 自己紹介へ

素敵なインテリアに潜む湿気とカビ、古くて新しいテーマそれは結露とカビ

造る側の心理として、デザインに特化しすぎると、より良い住み心地の追及と

『湿度と換気』が疎かになるものです。弊社もデザインに凝っていたこともあって

事務所もアメリカンスタイルにした。じつはここが自宅兼事務所

解放的な大空間が理想だったので天井も吹き抜けも高い…!

龍ヶ崎市本社事務所

住んでみた結果、大きな反省は冬の過乾燥と床下の湿気とカビ、『湿気した

大空間は湿度の管理ができません。また第三種換気装置は過乾燥を助長します。

以後20年間、湿気と換気に取り組むようになった。

自宅を建てたあと、幸いにも「いい家」をつくる会。に加入でき現在に至る。

冬の過乾燥が気にならず、梅雨から秋の長雨でもカビの悩みのない空気と素敵なインテリア。

その両方を兼ね備えてこそ感動する住まいを手に入れることができます。

人気トレンドなインテリア事例はスマホでくらでも見つかる時代。

ピンタレストいま人気なデザインが簡単に探せますね

デザインはお好みの写真をみせて頂ければどのようにでもなります。

関連記事●ホテルライクな暮らしが現実になる

高級ホテルの空気は『汚染空気』が混合しないよう明確に分離され『清浄空気』に処理される。

そこでは、「涼温な家」と同じように発生した汚染はその場で排気され

他の空間に流れ込むことは原則的にない。空気がデザインされていると言ってよい。

以上、換気研修より

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全132ページ中)

ページトップへ