社長ブログ

社長 自己紹介へ

 ああ、気持ちいい‥と日に何度もつぶやいてしまう

 私は知らない、知らされない人に、話したい気持ちでいっぱいだ

 この世には、このような喜びと安心を与えてくれる家づくりがあることを

 ああ、気持ちいい‥!と日に何度もつぶやいてしまう

以上 さらに「いい家」を求めてより

泣けました。こんな住宅本があるなんて、弊社のお客様におりました。

『涼温な家』この本の内容は初めて聞くことばかり?とは 

リクルート「茨城の家」住宅雑誌の女性担当者

SUUMOスーモカウンターと外断熱

また弊社の女性スタッフは、◆すでに家を建ててしまった私にとって、見たくもない、考えたくもない

知りたくもないこと。それは結露‥ 

●夜閉め切った部屋の空気質、ココクリック

結露の悩みがない空気のキレイな家は、よほど風量の大きな換気装置でないとできません!

中途半端な簡易型換気はやがて放置されます。換気や室内空気の話を聞くと「悲しくなる…」と言う奥様も

建てたあとに換気の欠陥とも言える、風量小さめ換気に気付いても手遅れです。

以下、さらに「いい家」を求めて本より抜粋

この家に住んで、薬を飲まなくても毎年必ず起きていた喘息の発作が出なくなり

花粉症の症状が改善され、息子も娘もすごく元気になった。

 これからの家にとって長期優良住宅であり、省エネルギーであること

地震に強いことなどは当然の条件であるが、その家に住む人が常にきれいな空気を吸える

ということも大切である。しかし、多くの造り手は、換気は法律に適合していれば何でも良いと言う

つまり、住み心地という価値に無頓着なのだ。私は、その価値にとことんこだわる造り手に出会った。

そして、すばらしい住み心地に生涯包まれて暮らせるという喜びと、安心を得た。

 ああ、気持ちいい‥!と日に何度もつぶやいてしまう以上

換気つまり住み心地の価値、 涼温な家の『体感ハウス』に宿泊すると、この意味が解かります。

住み心地体感ハウス

あなたは依頼先にこう問うべきである。

●キレイな空気を24時間保障してくれますか?

記事一覧

1ページ (全140ページ中)

ページトップへ