社長ブログ

社長 自己紹介へ

初めて知った本格的な『換気』のある暮らし‥

20年前に、自宅を建てて初めて気付いた換気メーカーへの疑問と不満と不信‥! 

それまでは換気のある家に住んだことがなかった‥換気システムの風量が微々たる風量だった。 
初めて気付いた家の価値それは室内空気

注意してください
大手住宅メーカーも多くのビルダーも
本音として
換気とは真正面から取り組みたくない
テーマそうです
実は、住宅用の換気は学術的にも大変難しい分野とされている。
その原因ビル空調と違って、
狭い天井裏、狭い壁内が災いし
充分なダクトスペースがとれない。換気
メーカーが取り組めない本音はココ。

換気メーカーの技術者は
メーカーは全館空調を造るけれど私は勧めません。未解決な全館空調の空気質

センターダクトはその難問を見事に解決していた。メーカーにはできない啓蒙ですね!

建築を教える教授は、私は24時間換気を信用していません
 空気の流れが途中でとまっています!

●一年間常に床から天井に向かって確かな空気の流れがある。
 それが本格的換気のある暮らし

ホテルのような空気と居住空間が現実になります

センターダクトの特徴はホテル並みにスピ−ディー
汚染物質や嫌な臭いを排出する

最高の親孝行‥介護の臭いが拡散しない

10項目ある性能表示制度のなかで、唯一未解決難問が空気環境

外気汚染は想像以上!換気フィルタ―は家のマスク
知り合いに尋ねてみてください、フィルタ―の維持管理どうなっていますか

アメリカンスタイルの弊社事務所、当時は換気のある暮らしを知らず
デザイン重視だった。

●住んだ後の住み心地を数社に絞って徹底して比較したお客様
 家の価値は住んだ後の『満足度』にある。


●これからは24時間換気が家造り失敗の原因になる‥かも

おざなりな断熱材の気密が家の性能を打ち消す

長期優良住宅の敵は“生物劣化”だシロアリと内部結露とカビ

洗面室や浴室の蒸れる壁内湿気と結露を考えてみよう!
構造内の湿気排出も、センターダクト換気の役割

見えない結露が危険 茨城・都内近郊で外断熱の注文住宅を建てる吉建ホームのブログ

構造内部に湿気を溜めない強耐震TIP構法

記事一覧

1ページ (全148ページ中)

ページトップへ