社長ブログ

社長 自己紹介へ

『結露』防止は全ての会社の問題

浴室・洗面室、水廻りと呼ぶ壁内や天井裏は、湿気が籠り『結露』が発生する

その結露を防止するには外断熱によって、外気との温度差をなくさなければならない。

その肝心な外断熱をどこでも正しく施工していると思いますか?

どこも良くやっている筈だ…!の良心任せであってはなりません。

弊社、外断熱の気密平均データは2.0以下Ⅽ値0.15』前後

この数値は知る人ぞ知る稀な高気密性能、外断熱の高気密性能とは?

結露を防ぐ防湿層のデータでもある。 以下、日経ホームビルダーより

壁体内結露の防止は「全ての会社」の問題

雨漏りより怖い結露!結露・カビ・ダニの相関関係を忘れてはなりません。

シックハウス症候群、健康障害となる長時間漂うカビの胞子などの微小浮遊粉塵

カビ菌・ダニの死骸はできるだけ少なくする‥結露をなくす防湿層は目視でチェック

 お施主様がチェックしなくても完璧な防湿層は絶対条件。

●高気密の技術には、暖かい知恵が込められている。

以下「いい家」が欲しいより抜粋

「長期優良住宅」ゼロエネルギー住宅・低炭素住宅と認定されても

防湿層の完璧さはなんら条件付けられていないのです。したがって

内部結露で家が腐らないという保障はないし、

腐っても瑕疵担保保険の対象になりません。以上

 関連記事 ところで

●本当に…外断熱と内断熱の違いを知るのは困難ですか?

スーモカウンターの担当者は、普通の人に外断熱と内断熱の違いを

理解してもらうことは「非常に困難」ですよ… 多くの人は構造に関心がありません。

SUUMOスーモカウンターと外断熱

日本の断熱・気密性能は先進国でダントツ最低水準

日経ホームビルダー より

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ