社長ブログ

健康被害は我慢することではない

社長 自己紹介へ
2019/12/26(木) 空気と換気気密と断熱

この仕事を長く続けていると暖かい、涼しいといった温熱だけでなく

空気のきれいな家を求めるようになる。空気のキレイな家の追求となると換気ですが

その換気、じつは厄介なもので換気メーカーの換気装置を20年の間に数台検証したのだが

空気をキレイにする換気システムに出会わなかった。

業務用の大型換気とセンターダクト方式の換気で初めて空気のキレイな家になった

換気システムには一般に普及している簡易型換気と

建物と換気を一体化しなければ完成しなかった本格型換気があることを知るべきです。

 

以下、さらに「いい家」を求めて。久保田紀子著より

健康被害は我慢することではない

あなたは依頼先にこう問うべきである。きれいな空気を24時間保障してくれますか? 

 

人間が、気持ちよいと感じる根源は空気にあるとつくづく思う。

これから建てる家は長期優良住宅の認定を受け、瑕疵担保保険の適用を受けるわけだから、

特別に望まなくても地震や風水害、突風などの自然災害に強く、長持ちすることは間違いない。

しかし、いつまでもきれいな空気を安心して吸える家であるとは限らない。

 なぜなら国と造り手のほとんどが「換気」に関心を持っていないからだ。換気は難しくて厄介だ。

だから法律に適合さえしていればいいいではないかと考えているのだ。

そのような考え方でつくられた家に住んだのでは大損をする。

住み心地の悪さは仕方がないとして、健康被害は我慢することではない。

あなたは依頼先にこう問うべきである。きれいな空気を24時間保障してくれますか? 

その保障に納得が得られないでは、家造りをスタートするべきではない。以上

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全137ページ中)

ページトップへ