社長ブログ

家の耐久性が短いことを密かに歓迎?まさか

社長 自己紹介へ

相変わらずムシムシ、 湿度が高いですね

屋根下地が泣いている。

大工さんとのミーティングでよく話題になったのは屋根の腐食

『壁断熱の気密不良はヒドイけど、もっとヒドイのは屋根だよ…10年もするとブカブカ』

屋根の補修依頼をすると屋根リフォームの見積書が届いた‥

大手ハウスメーカーは新築の受注がなくてもリフォームだけで10年経営できるそうで

まさか、まさか家の寿命が短いことを密かに歓迎する?

 写真は築7年目の屋根下地  日経ホームビルダーより

原因は雨漏りではありません。結露による屋根下地の劣化

結露はカビやダニを繁殖させ、それらが家を腐らせる危険がある。

ですから、弊社では屋根上部の断熱・気密と通気層にタップリ手を掛ける。

 水戸店の女性スタッフは、住宅展示場で家の耐久年数について、質問をしてみました。

営業マンからは「〇十年は持ちますよ」との答えが。

私は「この家はその年月を経ていないのに

どうして耐久年数が分かるのか?」と不思議に思い、そう質問をしました

その時の営業マンの答えは「それは人工的にそのような環境をつくり、

実験や研究をしているので分かるのですという内容の説明があり、

私は「なるほど!すごいなぁ」と感心し、夢見心地で住宅展示場を後にしたのです・・・

龍ケ崎体感ハウスの女性スタッフは新築する前に

断熱材を見たことがない…断熱方法を考えたことがない。

換気の方法なども頭の片隅にもなかった。

屋根には結露のリスク、屋根裏は結露で蒸れます。ですから屋根上部でしっかり断熱・気密をする。

そして屋根裏の確かな換気、確かな風量、確かな通気計画換気をする。

屋根上でしっかり断熱・気密

箕浦さんによると

浴室・洗面室廻りなどの壁内に押し込められた断熱材はいつまでも湿気が抜けず、 

真っ黒そうです!

壁内は見えなくなりますが『壁内を計画換気をする多雨多湿』に強い工法

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

記事一覧

1ページ (全127ページ中)

ページトップへ