社長ブログ

社長 自己紹介へ

エアコン一台による全室冷暖房のクレームⅥ

エアコン一台による全館空調クレームが続出

新潟の会員の話だと、新潟ではエアコン一台での全室冷暖房のクレームが多く、

裁判事例もでている… 風量不足で空気が建物の隅々まで分配できない。

【関連記事】

●換気クレームの盲点は、換気をよく知らない有能な設計士

換気と建築知識は全く別の専門分野建築士は「換気」に謙虚になれ!

クレーム多発となる。建築士に換気の研修制度がありません。

以下「涼温な家」本より抜粋

1台のエアコンで冷暖房と唱えるのは簡単だが、

実践できる造り手は極めて少ない

いずれ、クレームの山を築くに違いない

●全館空調システムの換気=空気質を比較する

換気の良し悪しは、窓を閉め切って、臭いが消えるまでの時間で判断できます。

私は「いい家」をつくる会。で換気研修を5年ほど繰り返し

換気を知らずに、家造りに携わってきたことに初めて気付かされた。

40年間、換気の基礎知識を知らされず、換気をどこからも知らされなかったのです。

以前、大学で建築を教えている教授が体感ハウスにみえて

◆空気の流れは、途中で止まっている。

私は換気装置を信頼していません!

ほとんどの換気は空気の流れが途中でとまっている

いま教授がセンターダクト換気の存在を知ったなら、

原子力研究所研のお客様同様にこれしかないな』でしょうね。

2020年千葉市に完成した『K様』の息子さんは原研でダクト設計のお仕事をされている。

建築と換気は全く別分野、有能な建築士でも換気に疎いのは仕方がない!と指摘

[完成]外観

涼温な家がもしも思ったほど暖かくない、涼しくない、としたら?

その不満はダクト工事、ダクティングで全て解決します。

●これからは、室内空気のキレイさを競う時代!

建築にどれほど詳しくも換気装置を住みながら、比較しなければ

換気メーカーの弱点と欠陥を知ることができません。

●安心できるのはきれいな空気が確保された家にしかない。

●換気は室内に持ち込まれるの化学物質を『希釈』する

究極の目的は『酸素』の供給です。

●日本の断熱・気密性能は先進国で最低水準

住宅の気密・断熱性能は先進国でダントツで「最低の水準」

その理由は、施工者が結露の責任を問われるのか、問われないのか

結露を生じない「断熱気密」を要求されるか、否かなのです。

驚くほど換気に熱意がなく、換気に触れようとしない有能な建築士

換気と住宅設計とは全く別部門知らずに害をなすことになる。

空気自体に粘りがある

空気熱を運ぶには非常に大きな風量が必要になる

 ●臭いは何処へでも行く、排気をスムーズに…

 

 イベント予告ページはコチラへ

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

記事一覧

1ページ (全145ページ中)

ページトップへ