社長ブログ

社長 自己紹介へ

大面積の換気装置、熱交換率はなんと95%を超える

こんなに大きな換気装置はいらない、なぜこんなに大きいのか?

大手ハウスメーカーの換気はコンパクトでエアコンほどの大きさなのに…と話すお客様

換気装置は室内空気を外気と入れ替えるだけではありません。

室内温度と深く深~く関係します。熱交換換気をご存じでしょうか?

室内のをできるだけ逃がさずに、外気と室内空気を交換するのを熱交換換といいます。

熱を逃がさない割合を熱交換率という。

換気の熱交換は機器が大きければ大きいほど、熱交換率が高くなる。

換気装置がダテに大きいのではありません。

換気の風量とエアコンの風量が、ミキシングBOX(空気の箱)でドッキングすると

なんと、なんと熱交換率が95%を超える。 大面積で交換させる熱交換素子。

熱を交換する部品を熱交換素子という、日本の熱交換素子は世界NO1の性能だそうです。

 換気装置は機械が大きくても省エネ、40坪の建物で月800円ほど一日わずか30円

エアコンは今以上に省エネにならないとも言われ、これからの省エネ住宅は

機械換気による熱交換の優劣が問われている。

コンパクトな小さな換気装置で、95%の熱交換は絶対にありり得ません!

その大風量が太いセンターダクトを通過すると、不思議に風も音も感じなくなる。

なぜ、センターシャフトを建物の中央付近に設けるか

それは新鮮空気を供給する給気口と排気口のバランスのため

汚染源に汚される空気は一回だけで、汚染空気を速やかに排出する。

例えば、介護の臭い拡散させない!その部屋の臭いはその部屋から出し

他の部屋の臭いを混合させない臭い混合防止の原則』それを給排気のバランスと言う。

毎日影響を与えるのは換気、空気です。

換気は科学的 一番科学的なものが日本ではおろそかになっている。

【関連記事】

●エアコン一台による全館空調のクレーム

空気のを運ぶには非常に大きな風量が必要になる

●従来からの24時間換気の欠陥は『換気経路』 

●高級ホテルのような家に住みたい

ホテルライクな暮らしは気流を感じない大風量と空気感 

●絶対にあり得ない熱交換率世界一

●大手メーカーの「ウソ」が多いのには困った!某設計士の話

記事一覧

1ページ (全147ページ中)

ページトップへ