社長ブログ

暖房の空気感、暖房の質感を比較する(Ⅱ)

社長 自己紹介へ

以前の暖房機はスカスカの家でも暖かくなる暖房機でした。

体感ハウスで使用していた温水パネルヒーターも、強力な暖房機だった

近くによると顔が火照る。ですから窓が大きくても、建物にすき間が合っても暖められた。

それに比べ涼温暖房は換気(清浄空気とエアコンがドッキングした柔らかな空気暖房

上質で優しい高級ホテルのような空気感

上質な空気暖房は建物の断熱・気密性能がゼッタイ条件となり

厚手のカーテンなどで窓への備えがいる。顔が火照るような強い熱源のある以前の暖房ではありません。

冬の寒い日に体感ハウス⑴では温水パネル暖房を、体感ハウス⑵では涼温な暖房

二棟の暖房を比較‥その空気感の違い、暖房質の違い、どちらがお好みなのか比較してみてください。

それまで憧れだった床暖房やパネル暖房のポカポカ感から、涼温暖房へ

おそらく、ここまで進化した上質な暖房に驚かれると思う!

また、暖かさだけでなく省エネとなると、エアコン暖房は「1」のエネルギーで「5倍」の熱を出す

他の暖房機は「1」のエネルギーは「1」なので

将来、一次エネルギー削減のためエアコン暖房が義務化になるだろう‥と聞いたことがある

以下【関連記事】

 ●冬、暖かいだけでは不満!

冬快適にするには温度と湿度』を溜められる家。湿度をコントロールできる家
そして室内のキレイな空気…

●感動の共創‥快適な住み心地の[保障]

不満のほとんどは「期待したほど暖かくない 、涼しくない」である。
つまり冷暖房に関することなので、機器の利用の仕方、住まい方によって大部分が改善できる。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

記事一覧

1ページ (全134ページ中)

ページトップへ